このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

WindowsXP

長い数字だけのフォルダー内にあるamd64、i386が共有違反で消えない

WindowsUpdateではそのPCに接続されている最も容量の大きいハードディスクのルートディレクトリ直下に長い数字だけのディレクトリを作って、そこに一時ファイルを置くみたいです。

これが、Updateするファイルによっては(具体的には未確認)ロックした状態のまま削除されずに残ってしまうようで困ったものです。そのまま放置しても問題はありませんが、どうしても気になる、消したいという時は、Windows Updateした時のユーザーでログインして削除します。

そのユーザーを既に削除してしまった時は、そのファイルが所有者なしのままロックされた状態で残ってしまうので削除できません。この場合、セーフモードで起動した後、エクスプローラーで長い数字だけのフォルダーの下にあるi386とamd64を選択して右クリックメニューからプロパティを選択し、セキュリティタブから[追加]を押して、ユーザーを追加します。ここで追加したユーザーは削除する事ができるようになります。

ただし、WindowsXP Professionalなら、セーフモードにしなくとも、
□簡易ファイルの共有を使用する(推奨)
のチェックを外すだけで、プロパティーの中にセキュリティタブが出現します。
スポンサーリンク