このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

WindowsXP

WindowsXPでfoobar2000をインストールして、拡張子apeを関連付けたがファイルが開かない

foobar2000に、拡張子apeやttaを関連付け、ダブルクリックで自動的にfoobar2000が開くようにしたかった。
エクスプローラーで登録し、ダブルクリックしたら、foobar2000は起動するが、ファイルは開かずにエラーになってしまう。

解決方法

まず、エクスプローラから[ツール]→[オプション]→[ファイルの種類]を選ぶ。
ここで、「新規」をクリックする。

ここで、拡張子「ape」と入力し[OK]。「詳細設定」ボタンを押す。

「アイコンの変更」を押して、foobar2000.exeを選択すると、例の悪魔みたいな顔が拡張子apeアイコンとして表示される。
「新規」を押して、アクションの入力窓を出す。


アクションにはopen
アクションを実行するアプリケーションには、参照を押して、
c:\Program Files\foobar2000\foobar2000.exeを選ぶ。



登録された拡張子が表示される。と、一見これでOKな気がしますが、このままではいけません。もう1回、「詳細設定」ボタンを押した後、openのアクションに対して「編集」ボタンをおしてみてください。

「アクションを実行するアプリケーション」が、
"c:\Program Files\foobar2000\foobar2000.exe" %1
となっているでしょう。

ここで、例えば
Climax Dance AAA.ape
というファイルを開こうとすると、foobar2000には、

"c:\Program Files\foobar2000\foobar2000.exe" Climax
という文字列が伝わります。しかし、Climaxというファイルがないのでエラーになってしまいます。

この場合、
"c:\Program Files\foobar2000\foobar2000.exe" "Climax Dance AAA.ape"
とならなければなりません。

なので、ここで、%1をダブルクォートで囲います。
"c:\Program Files\foobar2000\foobar2000.exe" "%1"
これで[OK]→[OK]→[OK]を押して窓を閉じてください。

これで、スペースを含んだファイルをオープンできるようになり、とっても、♪いーじゃん いーじゃんすげーじゃん
スポンサーリンク