このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

WindowsVISTA/7

VxEditorのフォルターを移動させたら拡張子.txtで開けなくなった

拡張子を割り当てる場合、通常はスタート→規定のプログラム→ファイルの種類またはプロトコルのプログラムへの関連付けを選択すると思います。しかし、いったん関連付けをしたプログラムの名前はレジストリに登録され、以降変更ができません。

たとえ、ファイルの種類またはプロトコルのプログラムへの関連付けで[参照]を押して登録しようとしても、

VxMain.exeは既に登録されているので、「その他のプログラム」の一覧に出ません。それはレジストリを見て「既に登録されている」と判断されてしまうからです。

こういう場合、フルパスで判別するべきなんでしょうけど、残念ながら一度登録したプログラムと同名のプログラムが別パスにある場合は、それを使うことができません。ですので、VxMain.exeだけでなく、hidemaru.exeやvivi.exe等でも同様です。別のフォルダに別バージョンを入れてそちらに切り替えたくてもできません。

そこで、レジストリからいったん登録を削除します。ファイル名を指定して実行を選び、「regedit」としてレジストリエディタを起動させ、
\HKEY_USERS\S-なんとかかんとか\Software\Classes\Applications\VxMain.exe
のキーを削除します。ここで、「なんとかかんとか」はお使いのPCによって異なりますので、色々と探してみてください。

ただし、レジストリをいじって失敗すると最悪PCが起動しなくなります。レジストリの操作はあくまで自己責任でお願いします。少なくとも事前にバックアップは取っておいてください。自信のない方はやめておいて、関連付けしたいエディタの実行ファイルを別のファイル名にリネームしてください。
スポンサーリンク