このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

Windows95/98/2000

デジカメ用USB接続ドライバーを間違えてしまった

USB接続のデジカメは、マスストレージデバイス経由でパソコンからアクセスできます。

最初にデジカメを接続すると、Windows2000ではドライバーをインストールするように、ダイアログボックスが開きます。(しかし、WindowsXPでは内蔵されてますので自動的にインストールされます)

ここで、デジカメ付属のCD−ROMを入れるわけですが、「自動的に検索する」を選択すると、間違ってWindows98のドライバーを認識してインストールしてしまう場合があります。すると、「○○のドライバーが××の情報を返しませんでした」という意味不明のエラーになります。

この場合、いったんドライバーを削除してデジカメを再接続しても、2回目からはドライバーCDを要求せず、自動的に前回インストールしたドライバーがインストールされ、またエラーになってしまいます。

そこで、このようになってしまった場合、手動でドライバーを入れ替えねばなりません。

[デバイスマネージャー] → [? Mass Strage Driver] → [ドライバ → ドライバの更新] → [デバイスドライバーのアップグレードの開始] → [このデバイスの既知のドライバーを表示してその一覧から選択する] → [その他のデバイス] → [ディスク使用] → [CD−ROMの入ったデバイス(例) D: または E: など)を選択]→[ (Windows2000用ドライバーのinfファイルを探して選択する)] → [OK]

ポイントは、[最適のドライバーを検索する] にしないこと。でないとまたWindows98用のドライバーを「最適なドライバーが見つかりました」と言って組み込んでしまいます。
スポンサーリンク