このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

Windows95/98/2000

Windows2000にWindows95/98用のKanonをインストールしたらBGMが鳴らない

KanonのBGMは、mp3やwavで入っているものをデジタル再生しているのではなく、普通に音楽トラックに入っています。ですので音楽トラックは普通のCDプレイヤーで再生できます。(ただし、データー部は絶対に再生しないでください。)

最近、CD/DVDドライブからオーディオケーブルでサウンドカード/マザーボードへ接続せずに、IDEケーブルからデーターとして音楽トラックを読み込みパソコンの音源で再生する(いわゆるデジタル再生)をする場合が多くなりました。この場合、オーディオケーブルが不要になり、内部の配線を1本省略できるかわりに、CPUにパワーがないと再生が途切れ途切れになったりします。

最近のCPUでは音切れはほとんど心配ないので、最初からオーディオケーブルは使用せずにデジタル再生になっている機械が多いようです。しかし、Windowsプレインストール機ならともかく、自分でOSをインストールした時は、設定を自分でカスタマイズしなければなりません。

解決方法

[マイコンピューター]→[CDドライブ(右クリック)]→[プロパティ]→[CDドライブ]→[プロパティタブ]

ここに、「このCD−ROMデバイスでデジタル音楽CDを利用可能にする」というチェックボックスがあるので、チェックしてOKを押します。

これでとりあえず音は出ます。しかし、これではメニューの曲(朝影)が延々と流れ続けます。それでも名雪との再会〜序盤のシーンはなんとなく朝影のままでも雰囲気に合ってるのでいいようなものですが、いくらなんでもあゆと食い逃げの話で押し問答するシーンまでずっと朝影では雰囲気もなにもあったもんじゃありません。

どうして同じ曲が延々と流れ続けるかといいますと、本来はBGMの切り替えはフェードイン/フェードアウトするようになっているのですが、WindowsNT/2000/XPではフェードイン/フェードアウトがかからず、そのためいつまでもBGMのフェードアウトが完了せずにBGMが切り替わらないという結果になってしまうのです。

しかし、Kanonのディスクには最初からディスクのフェードイン/フェードアウトを無効にするツールが入っています。マイコンピューターからKanonのディスクを右クリックして[エクスプローラ]を選択して、ファイルの一覧を表示させ、setfade.exeをダブルクリックします。

ここで「フェードON/OFF」がラジオボタンで選択できるので、OFFにして[OK]を押します。

後に発売されたWindows2000/XP対応版では、CD-DAではなく内蔵サウンドカードからBGMが演奏されるため、 この現象は起こらないようです。
スポンサーリンク