このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

Internet Explorer

IE6でWikipediaを表示させると数秒間操作不能になる

Googleで調べたところ、Wikipediaのサーバーはサーバーの方からコネクションを切断してくれないので、IE6はコネクションがタイムアウトになるまで待ってしまうようです。IE7以降やFFなどはサーバーの方からコネクションを切断せずとも、ヘッダーで宣言されたレングスだけ受信したらブラウザの方からコネクションを切断するそうで、そっちの挙動の方が正しいそうです。

・・・って、すいません、私もよくわかりませんで(サーバー管理の仕事してるのに情けない限りですが)、ググって色々な情報を収集したところ、大体そんな感じでした。

解決策ですが、セキュリティを変更してWikipediaからは一切動的コンテンツを表示しない設定にすると、タイムアウトまで待たなくなるみたいです。IE6の仕様で、動的コンテンツを表示しない設定にすると、タイムアウトまで待たなくなるのでしょう。





でも、これだと、もしWikipedia内にJavaScriptやフラッシュやAJAXのコンテンツがあると見れなくなってしまうかもしれません。本当はWikipediaだった場合だけタイムアウトまで待たなくするパッチとかがあるといいんですけどね。

また、tweetbuzz.jpやshonenjump.comにはIE6で重くなってしまうJavaScriptが使われているようですので、気になる方は同様にtweetbuzz.jpやshonenjump.comも登録しておきます。
スポンサーリンク