このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

Windowsアプリ

tsMuxerGUIでBuffer Overflowエラーが出る

tsMuxerGUIは、HD DVDで使われている.evoファイルを、ブルーレイの.m2tsや.isoに変換してくれるありがたいソフトです。しかし、たまに(頻繁に?)Buffer Overflowエラーが出るのが難点です。

しかし、なぜそうなるのかよくわかっておりませんで、今のところ経験則で解決するしかないのが残念ですが、一応わかった事などを・・・。

1.バージョンを変えてみる
tsMuxeR_2.2.3(b)でエラーが出るならtsMuxeR_1.10.6で試してみる、あるいは、tsMuxeR_1.10.6でエラーが出るなら、tsMuxeR_2.2.3(b)で試してみる、などなど、色々なバージョンで試してみるのも手です。というのも、この現象はどうもバグくさいので、バージョンによってはバグにひっかからずに済む場合があるようです。

2.設定をいじってみる



General Track Optionsの、Change fpsにチェックを入れて値を変えてみる、もしくは、Change levelにチェックを入れて値を変えてみてください。これによってエラーを回避できる場合があります。あくまで「場合がある」というだけで、あまり期待はできませんが・・・・。ただし、ここをいじると画質や音質が劣化してしまう可能性もあります。あくまでエラーが出てできないよりはマシぐらいに考えておいてください。

え?そこまでして変換したい動画って何だって?じ、自分で撮影した映像です(震え声)
スポンサーリンク