このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

ファイルスロットの謎

ファイルスロットとは

PC-9801のFA/FS/FXと、PC-9821Ap/An/Af/As/Aeシリーズに搭載された拡張スロットです。

ファイルスロット用のパーツはSCSI機器でしたので、ハードディスクが標準搭載でないモデルでは、ファイルスロット用のSCSIカードを背部にあるファイルスロット専用のスロットに挿す必要がありました。

NEC純正品 PC-9801A-E10

サードパーティーからもファイルスロット専用のSCSIカードがいくつか発売されていました。サードパーティー製の方が純正より安価で高速とうたっていました。(しかし、両方試して見ましたが、体感的に違いはわかりませんでした)

オプション

ファイルスロット製品には、内蔵スロット用と、前面スロット用があります。

内蔵スロット用はハードディスクしかありませんでしたが、ファイルスロット用のハードディスクであれば、ファイルスロット搭載機種で共通して使う事ができました。

ファイルスロット用のハードディスクは、本体はこのような金属ケースに入ってました。

前面スロット用には、3.5インチFDドライブ、5インチFDドライブ、CD-ROMドライブ、カードリーダー、MOドライブがありました。

ファイルスロット用2倍速CDドライブPC-CD60F。イジェクト時のフタの開き方がカッコイイ。


PC-CD60Fを装着したPC-9821Ae

内蔵スロットも前面スロットも、レールにスライドさせて入れると、そのままコネクタが入る設計になっていて、不器用な人でも簡単に増設ができるという利点がありました。

残念ながらすぐに終焉

しかし、ファイルスロット搭載のPC-9801は2シリーズ(PC-9801FA/FS/FXと、PC-9821Aなんとかシリーズ)だけで終わってしまいました。

原因としては、すぐにファイルスロットよりも安価なPC/AT互換機用のE-IDEのハードディスクや、ATAPIのCD-ROMが広まったためです。国産のPC-9801専用の部品は、どうしても世界中で作られているPC/AT互換機の部品よりも割高になってしまいました。そのため、PC-9801シリーズでもすぐにファイルスロットは廃止され、PC-9801BX2、PC-9821Ba/Bs/Beシリーズからは内部インターフェイスがSCSIからE-IDEに変更になりました。

PC-9801シリーズでは、このATAPIの機器を搭載する前面スロットの事を、ファイルスロットと区別するためにファイルベイと呼びます。PC/AT互換機の呼び名(5インチベイ、3.5インチベイ)と合わせたものと思われます。


PC-9821Ra20のファイルベイにCD-ROMを取り付けた状態。

ファイルベイへの増設は、ファイルスロットみたいにレールにスライドさせていくと自動的にコネクタが入るような簡単なものではなく、普通にPC/AT互換機と同じようにマザーボードとCD-ROMドライブをIDEケーブルで繋ぎ、電源ケーブルを繋がないといけなかったため、ある程度パソコンの組み立てのできる人でないと増設は難しかったのですが、値段の安さには勝てませんでした。

インターフェイスがE-IDEになってからは、 PC-9801でも安価なE-IDE(ATA)のハードディスクが使えるようになりました。 また、CD-ROMもドライバーさえあれば安価なATAPI用のものが使えるようになりました。
スポンサーリンク