このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

内部USBコネクタの取り付け

まずマニュアルを読み、どこにUSBコネクタがあるかを確認します。



オーディオやIEEE1394やCOMポートも一見すると同じ形をしている(つまり片側5個、片側4個の2列)ので、一見しただけではどこがUSBコネクタなのかわからないと思います。

USBコネクタのピンの配置自体はどのマザーボードでも同じなので、一度覚えてしまえば他のマザーボードでも通用すると思います。

VCC
マイナス
プラス
グラウンド

です。ここでVCCとは、+5Vの電源供給コネクタです。USBは電源補給があるのが特徴なので、+5Vの電源供給コネクタが出ているわけです。マイナス、プラスがデーターです。GNDがグラウンドです。

NCには何もつながってないのですが、片側にだけNCのピンが出ている事で逆差しの防止になっています。コネクタ側は片方のピンがつまっており、逆差しができないようになっています。


このケースでは8本のピンが1つのかたまりになっているコネクタなので楽だったのですが、最近では8本のピンがバラになっているものが多く、その場合マザーボードのネジ止めをいったん外して、若干上に浮かせてからじゃないとつけられないと思います。ピンがバラの時は、ピンを「VCC、D-、D+、GND」の順番で束ねてから4本まとめて挿すと若干楽です。

スポンサーリンク