このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

CPUの規格

CPUの規格

CPUは6809やZ80や8086の頃はマザーボードに半田付けされており、交換はできないのが普通でした。それが486CPUができた頃、「オーバードライブプロセッサ」という規格が誕生し、 486SX→486DX、または486DX→486DX2というふうに、CPUをグレードアップする事ができるようになりました。

さらにペンティアムやペンティアム・プロの頃になると、マザーボードにはCPUソケットが搭載され、CPUが交換可能になりました。そこで、サイリック社やAMD社がインテルと互換性のあるCPUを開発し、インテル製よりも安価で販売した事によって、 CPUはPCを組み立てる側が選べるよになりました。

CPUには大きくわけて、
ソケット
スロット
LGA
があり、さらにそれぞれにソケット3とかソケット5とかソケット370とかがあります。

CPUソケット

ソケットに穴があいておりソケット側がメス、CPUにトゲトゲ(?)がついておりCPU側がオスとなっています。初期のものに、
Socket3
Socket5
Socket7
があります。なんで番号が飛んでるのかというと、偶数番号のソケットはお察しください。

Socket3は486用、Socket5は初期の(MMXじゃない)ペンティアム用、Socket7はMMXペンティアム用ですが、特にSocket7用にはAMD K5やサイリックス686といったインテル互換CPUにも多く対応しており、(というか、AMDやサイリックスが合わせたのだが)、初期のソケットの中では比較的長く使われました。

後期のものに、
Socket370
Socket423
Socket462
があり、370は主にペンティアム3、423は主にペンティアム4用、462は主にアスロン用でした。この頃になると、インテルとAMDは別のソケットを使うようになったため、 インテルを使うかAMDを使うかの選択はマザーボード購入前にしなくてはならなくなりました。 これ以降はLGAが主流となり、ソケットは使われる事がほとんどなくなりました。


△ソケット370


△ソケット478

CPUスロット

ペンティアム2が開発された時に、「2次キャッシュをもっといっぱい積めば速くなるんじゃね?」って事で、CPUとSRAM(スタティックRAM)をセットにしてスロットに挿入するようにしたのが、このCPUスロットです。 ファミコンカセットに似ていた事から「高級ファミコン」とも呼ばれていました。

スロット型のCPUは、コア欠けやピン折れといったミスを少なくし組み立てを楽にさせるため、私的には良いと思ったんですけど、 やっぱりケース内でスペースを食うのと、CPUとマザーボードの間にプリント基板のコネクタが入る事で電気抵抗が大きく、またノイズの影響も受けやすなり、CPUの速度を上げられなくなるという問題が発生しました。 また、その後のSRAMの小型化によって、スロット型にせずとも石の中に2次キャッシュを内蔵させる事にも成功したため、すぐに使われなくなりました。

スロット1がペンティアム2、ペンティアム3用で、スロットAがアスロン用です。最初、AMD社がスロット1と互換のアスロンを作ろうとしてたのですが、 インテル側から権利の侵害だとクレームがつき、やむなくスロット1とスロットAの互換性をなくし、切り欠きの位置を逆にしたという経緯があります。

ペンティアム3は当初スロット1用だったのですが、すぐにソケット370用に変更になりました。ソケット370が出回りだした初期の頃は、マザーボードにソケット370→スロット1に変換できるアダプタ(スロットケット)がついているものもありました。

LGA

ソケットとは逆に、マザーボード側にピンがついていて、CPU側は穴ではなく接点のみがついているタイプです。LGAと対になる言葉としてPGAがあり、CPUソケットとスロットを合わせてPGAと呼ばれる事があります。

最近ではほぼLGAのタイプです。CPUは接点だけなので、CPUの足を折ってしまうというミスはなくなりましたが、逆にマザーボード側のピンを曲げてしまうというミスが発生するようになりました。 私の場合、マザーボード上のピンにシリコングリースをつけてしまうという痛恨のミスをして、マザーボードを1つダメにした事もあります。(CPU交換時にシリコングリースが指につく→指からLGAのフタにつく→フタが突然閉まる→コネクタにシリコングリースがベチャっとついてしまう) なので、このタイプは苦手なのですが、主流になっちゃったんだから仕方ないですね。

LGAは主に、
LGA775
LGA1156
LGA1155
LGA1150
があります。1156以降、名前が似ていますが、互換性は全くありません。 これから組み立てる時は、マザーボードとCPUのLGAの規格が一致しているかどうか、目を皿のようにしてよーく確認してください。 ただし、CPUクーラーにだけ関して言えばプッシュピンの位置が115xシリーズは同じなので互換性があります。 また、775と115xシリーズはプッシュピンの位置が少し違うだけなので、SHURIKEN-Bのように両方に対応したものもあります。

なお、AMD社のCPUのインターフェイスは、相変わらず「ソケットなんとか」っていう名前ですが、最近のCPUはほぼマザーボードがオス、CPUがメスの、いわゆるLGA形式です。

おことわり

CPUソケット、スロット、LGAについて全てを取り上げると長くなりすぎてしまうので、ここでは大雑把な説明にとどめています。 興味のある方は、別途Wikipediaで調べてください。

スポンサーリンク