このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

2018年5月24日 中型1段階修了検定

今日は修了検定だ。一緒に受験するのは俺の他に2人だ。俺は1番手だった。

検定の先生は・・・って、二種の時の試験官の先生と同じ人だ。っていうか、検定ができる先生は限られてるっぽいな。この前の早口の人だったら絶対落とされると思っていたので、少し安心した。

まず試験官の先生から説明を。「検定中止になってしまう条件として、路端停車でポールに当ててしまうとか、支柱がミラーに接触してしまった場合とか・・・」って言うので、「すいませんでしたー」って言った。なにしろ、二種の時にミラーを電柱にぶつけた時の試験官がこの先生だったわけで。そしたら「いいから、聞きなさい」と言って話を続けた。(っていうか、検定の説明の話を遮っちゃいかんでしょ!)

その後、「タイヤが縁石に乗り上げてしまった場合、この場合すぐにバックすればたいした限定じゃありません。ただ、そのままガタンと縁石を乗り越えてしまった時は検定中止です。」という話だった。まあ、縁石に触れなければ済む話だから特に気にする必要はあるまい。

「隘路は、左右の枠に入らなかったら、切り返して入れてもらいます。ただし、前後の青い線を踏むとその時点で検定中止です。また、4回の切り返しで入らなければ検定中止です」という。

一通り説明が終わった後、自分が1番手だったので、さっそく検定コースを出発。しかしながら、コースは昨日さんざん何周も走ったコースなので、おそらくミスる事はなかろう。

一番心配だったのが、教習中に3回に1回しか入らなかった隘路だが、修了検定ではなんと一発で成功。この時点で運を使い果たしたかも。

その後も何も問題なく検定コース完走。次の人に交代となった。次の人の試験中は、自分は「立会人」という事で、後部座席へ移動。

と、ここで「しまった」と思った。隘路は見通しの悪い交差点を兼ねているのだが、自分はここを「隘路」としか認識してなかった。つまり、隘路をクリアした後、もう1回同じ交差点の横を通るわけだが、2回目は徐行して、前のめりになって左右確認しないといけなかったのに、自分はこれを完全スルーしてしまったのだ。

自分がもし2番手か3番手なら、他の人の運転を見て思い出すんだけど、自分が1番手だった上に、教習中でも見通しの悪い交差点なんて徐行した事がなかったのですっかり忘れてた。

っていうか、教習中に見通しの悪い交差点で、横から他の教習車が出てこなくて本当に良かった。あやうく教習中に大事故発生になるトコだったよ。

さらに思い出したのが踏切。ここの踏切は絶対に鳴らないので、通過中に鳴る事は気にしないで良いんだけど、



そうだ、思い出したよ。後輪がまだ踏切を越えてないのに、ギアチェンジしちゃったよ。踏切通過中はギアチェンジしちゃいけないんだけど、普通車の感覚で、踏切越えて少し進んだところで、もう越えただろうと思ってギアチェンジしちゃった。

どうも、1番手だと不利よね。2番手3番手だと「立会人」という形で他の人の運転をお手本にできるけど、1番手だと課題全部自力で思い出さないといけないんだもの。

3人の試験終わり。2階の事務のところで3人とも結果を待つ。「やべーよやべーよ、見通しの悪い交差点でまったく徐行してねーよ」って言ったら、3番目の人が「でも、あそこって一時停止の標識ないので、たいした減点じゃないと思いますよ」と言う。そうだといいけどな。

まあ、今日の自分の運転を自己採点すると、見通しの悪い交差点で徐行不足で5点減点、踏切の途中でギアチェンジしたので5点減点、計10点減点の90点で合格ってとこかな?

徐行不足とはいえ、そんなにスピードは出てない、せいぜい20キロぐらいしか出てなかったんで、そんなに大きい減点にはなるまい。

もし、見通しの悪い交差点で左から他の教習車が出てきたら、もうそこで補助ブレーキ踏まれてアウト!だったんだけどね。まあ、修了検定中は他の車は所内を走らないようになってるので、その心配はないとは思うけど。

10時に試験官の先生が来て「えーと、今日は全員合格ですので、今から仮免許の手続きを行います」と言う。やっぱりさっきのはたいした減点にはなってなかったようだ。良かった良かった。

例によって、「今まで免許を取得した事がある」「有効な免許を持っているが所持してない」「病気を理由に運転を止められている」とかいう、いつもの申告書を書く。この用紙何回目だよまったく。

その後、深視力の検査を行う・・・・が、見えん。なんだこれは。3本の棒がボヤけて見えん。なぜ??

で、カンでボタンを押すも、やはり全然ダメ。もう1回やり直しって事で、目をつむって数分目を休める。その後、再検査したら、今度は余裕。さっきのは一体なんだったんだ??多分、直前までスマホをいじってたからそのせいだとは思うが・・・。

あと、仮免許の手続きはこちら(教習所)でやりますので、今日はもう帰っていいですという事なので、帰る事にした。


 △先頭へ  コメント(0)  トラックバック(0)  拍手(0)

2018年5月23日 中型1段階みきわめ

今日は2時限連続教習だ。しかし、今日の2時限目はもう「みきわめ」なのだ。困ったな。今日中に、踏切、坂道発進、S字、クランク、隘路、路端停車が全部できるようにならないと追加教習になってしまうのだ。

しかし、前回早口の何言ってるかわからない先生だったせいで、1段階の課題はもうボロボロ。どうすりゃいいの!?って感じ。

まずカウンターで配車券を出す。しかし、その前にやる事がある。それは、配車券の名前に前回の先生の名前が印字されませんように、と神に祈る事だ。

「今日は○○先生じゃありませんように。今日は○○先生じゃありませんように。」と3回祈って、Suicaをタッチ。すると、昨日の先生じゃなかったけど、初めて見る名前だ。果たしてこの人は怖い人かやさしい人か・・・・。

チャイムが鳴って先生が来た。見たことのない先生だが、そんなにイヤミっぽい人じゃなさそう。

でもって、今日は1段階の総合練習という事で、先生のお手本はナシ。時間の許す限り修了検定のコースをひたすら走る。

隘路→路端停車→踏切→坂道発進→クランク→S字→隘路

坂道発進は、普通車とあまり変わらない。今までATしか乗った事がない人には辛いが、今まで普通にMT車を運転している俺にはどうって事はなかった。

S字とクランクは、先生が言うには、ハンドルを切るタイミングが早すぎるっていう事だった。ああ、なるほど、前の先生の「はやい」ってのは、ハンドルの切るタイミングが早いって事か。ハンドルを切るのは、S字にしろクランクにしろ、自分がS字やクランクの道の真ん中にさしかかった所でハンドルを切るとちょうど良いという。

なるほど、トラックで普通車のタイミングでハンドルを切ると、全然早いわけだ。トラックの運転席から見ると、ハンドルを早く切らないと前の縁石に乗り上げるような気がするけど、実は全然余裕で、むしろ遅めにしないと横の縁石に乗り上げてしまうのだ。

で、S字にしろクランクにしろ、ハンドルの切り始めさえ間違わなければ、後はそんなに難しくないという話だった。さらに、S字にしろクランクにしろ時間制限はないという話だった。つまり、止まりさえしなければ、いくら遅くても全然OKという事。

なるほど、遅くていいんなら問題ないな。そうとうゆっくり走れば、どっかのタイヤが縁石に乗りそうになったら、その都度ハンドルで調整すればいいわけだからな。

しかし、この運転、実はけっこう危ないよね。だって、前なんか見てやしないんだもの。常にどっかのタイヤが縁石に乗らないかどうかミラーに集中してるわけで。所内だからいいけど、公道でこんな事したら事故発生だよね。まあ、所内以外にS字やクランクなんて走る機会はないとは思うけど。

どうでもいいけど、今日の先生は当たりだ。わかりやすいし、そんなに怖くないし、イヤミったらしくもない。今日でなんとか前回の1時限無駄にした分を取り返せそうだ。

そうこうしているうちにチャイムが鳴り、1時限目終了。次の時間も連続して俺の予約なので、運転席に乗ったまま休憩。次の時間の先生も同じ先生だけど、先生はいったん部屋に戻った。

2時限目。同じ先生が来て、さっきの続きという事で、またひたすら修了検定のコースを巡回する。

路端停車は、赤いポールが左のフロントガラスの角に重なった所で止まるとピッタリだという事が判明。

また、隘路は白線が左の窓の覗き窓に見えた瞬間にハンドルを切るとピッタリだという事が判明した。



この白線は、他の教習所にはないものだ。ここの教習所は、隘路専用のスペースがないので、見通しの悪い交差点が隘路を兼ねているのだ。つまり、この白線はここを交差点として使う場合の白線なのだ。

この事に気がついたのは、この時間の最後の1周だ。はたしてこんなんで修了検定合格するんだろうか??

この時間までに修了検定の課題は一通りクリアできるようになったので、いちお「みきわめ可」という事で。帰りに修了検定を申し込んで帰ってください、という事になった。


 △先頭へ  コメント(0)  トラックバック(0)  拍手(0)

2018年5月22日 中型3時限目最悪の1日

今日は中型の3時限目だ。しかし、普通二種の時と違ってトラックの指導員はやさしい人みたいで良かった良かった・・・と思っていた。(この時までは)

ところが、今日担当の指導員が来ていきなり「じゃあ原簿と教本を出してもらおう」と言われる。ん?出してもらおうって??なんか今日は横柄な人だなーと思っていた。

今日の課題はS字とクランクだ。さっそく先生がお手本を見せるわけだが、なにしろ運転が荒い。あわてて手すりにしがみつく。じゃないとあっちこっち頭ぶつけそうだ。

その後、運転を交代するが、案の定全然できない。そりゃ、トラック運転したのはこの前が初めてだし、あの時は外周コースしか走ってないのに、いきなりこんな狭いトコ走れるかよ。

すると、先生が「ほら、右だ、左だ、右を見ろ、左を見ろ、後ろだよ!後輪が縁石踏んでるだろ!、だから、左だ、右だ」と言う。

はぁ??どこだよ、どこ。

すると、先生がお怒り。「だから!!○X△□※だよ!だから、・・・・・・・(この間すごいマシンガントーク)・・・」だ。

・・・って、何言ってるかサッパリわからん。もういいや、この時間はハズレだ。1時限追加教習だ。仕方ない。精神修行だと思ってあきらめた。

その後、隘路の練習に入るが、案の定隘路もまるで入らない。すると先生が「だから!はやいんだよ!!」と言う。はやい・・・・はやい・・・、それはハンドルを切り始めるタイミングが早いのか、隘路に入る時のスピードが速いのか・・・。

で、また隘路やりなおし。やはり隘路にはまったく入らず。すると、先生は「だから!さっきはやかったんだから、今度はさっきより遅くするとか、少しは頭を使えよ!」と言う。頭を使いたくても、先生が何言ってるかわからないんじゃ使いようがない。

その後、教習時間残り5分になり、「じゃあ、最後にエアブレーキの体験を行う。直線コースに行って」って言うので、てっきり右回りで直線コースに入るんだろうと思って右に回ろうと思ったら、「だから!!!左だよ左!!人の話をちゃんと聞いてろよ!!」って怒り出す。

しかし、何度思い出しても、直線コースに行けとは言われたが、どっち回りで直線コースに入れとは言われてないんだよなぁ。もちろん、言ったのかもしれないけど、なにしろ早口でサッパリわからん。

まあいいや、今回はどうせハズレだ。追加教習だ。まあしゃーない。こっちも5時限で1段階終わりじゃ足りないと思っていた所だ。

すると、終了のチャイムが鳴ってもまだ先生のお説教は続く。そして、最後に「こういう事が続くと追加教習になるので気をつけるように。終わり」と言う。

・・・ん?って事は、今回は追加教習ナシか。よかった。でも、次この先生だったら、絶対1段階が5時限じゃ終わらないよ。困ったな。

まあ、ムカつく先生に報復する方法がない事もない。それは「卒業をする事」だ。卒業すると、責任者(所長さん?)直々にアンケート用紙を持ってきて、良い指導員、悪い指導員それぞれ書く事ができるし、その理由も書くことができる。今回卒業したら、今日の先生は絶対悪い指導員として名前あげてやろう、そう思っていた。


 △先頭へ  コメント(0)  トラックバック(0)  拍手(0)

2018年5月18日 中型1段階1時限目2時限目

今日から中型の教習だ。中型のトラックなんて、今も将来もおそらく運転しないであろう。じゃあなんで高い金払って免許を取るのかって??

もし、中型免許を取る理由が、「普通二種の卒検の時のひどい運転が合格になってしまった事が納得がいかなかったから」と言ったら、君は笑うカネ?((C)Mr.3)

事務の人に、中型トラックの教習はどこで待てば良いのかと聞いたところ、「普通二種の時と同じですよ。下の発着点で待っていればいいんです」と言われる。

というわけで、下(1階ね)の発着点のところに行くと、普通二種の時には置いてなかったトラックがそこに。



え?もしかして、このデカいの運転するわけ??俺が??

・・・・

「すいません、やっぱりやめます」って言って帰ろう・・・と、一瞬思ったけど、いやちょっと待て。もう前金で163,026円払ってるんだよ。今更そんな事(トラックのデカさにビビった)でやめるなんて、そんなバカな事はできない。

仕方がないので、観念して先生が来るのを待つ。チャイムが鳴って先生が来る。「はい、担当します○○です。よろしくおねがいします」なんか、トラックっていうと怖くてゴツイおっさんが来るんだろうと思っていたが、めっちゃ優しそうな人が来たんでなんか拍子抜け。

その後、1時限目という事で諸注意などを。
・支柱にミラーをぶつけないように。トラックはパワーがあるので、ぶつけるとミラーがすっ飛ぶ。
・ローギアは使わない。ローギアは荷物を積載量限界まで積んだ時ぐらいしか使わない。セカンドギアが、普通車でいうところのローギアに相当する。
・ブレーキはかなりそうろっとかける。普通車のつもりでブレーキを踏むと効きすぎて前に吹っ飛ぶ。

とにかく、荷物を積載量限界まで積んでも普通に公道を走れるように作ってあるので(当たり前か)、荷物が空の時はローギアだとパワーがありすぎて急発進しちゃうし、ブレーキも聞きすぎて急停車しちゃうので注意しましょう、という事で。

その後、1時限目はひたすら左回り、2時限目はひたすら右回りで所内の外周をぐるぐる回り続けるだけだった。しかし、それですら、もう縁石踏みまくり。縁石が壊れるんじゃないかと思ったぐらいだ。

しかも、自分の持ってる免許が、実は「普通」ではなく「準中型5t限定」なのだ。いつの間にかそういう制度になっていたらしい。で、その準中型5t限定から中型にグレードアップする場合、1段階は5時限しかないのだ。つまり、あと3時限で1段階の修了検定に合格しなければならないのだ。しょえーーー。


 △先頭へ  コメント(0)  トラックバック(0)  拍手(0)

2018年5月8日 中型申し込み

今日は中型の教習の申し込みのためにうらわ教習所にやってきた。

さっそくカウンターに行って、中型を申し込みますと言うと、現在お持ちの免許証を出してくださいというので出す。すると、「現在準中型5t限定をお持ちのようですが、この限定を解除すれば7.5tまで乗る事ができますが、それでも中型にしますか?」と聞くので、「はい、中型にします」と答える。

すると、中型は教習車が1台しかないので、なかなか予約が取れないけど、それでも良いかと言われたので、それで良いですと答えた。まあ、1台とはいえ平日のいつでも自由に来れるわけだから、働きながら取ってる人に比べれば成約が少ないので、なんとかなるだろう、と思っていた。

すると、「中型に合格されますと、現在お持ちの準中型の5t限定も解除されます。その後、深視力検査にひっかかってしまいますと、準中型ではなく普通になってしまいますが、それでもよろしいですか?」と聞くので、それで良いと答えた。

その後、さっそく視力検査及び深視力検査を行った。深視力検査は普通二種の時にもやったし、余裕でクリアできた。こんなの余裕だし、この後歳を重ねたところでひっかかる事はないだろう。(と、この時は思っていた。)

その後、普通二種の時と同様、事務員さんが卒業までのスケジュールを立ててくれた。それはいいが、追加教習は発生しないし、修了検定も一発で合格する前提で予定が立ててある。普通二種の時は、仮免許もないし修了検定もないからそれで良かったが、今回は仮免許があるので修了検定が必要だ。もし落ちたらどうするの?と思った。

それなんで、「あの、もし追加教習が発生したり、修了検定に落ちたらどうするんですか?」と聞いたら、「その時は、こちらに来ていただければ、スケジュール立て直します」と言われた。

しかし、このスケジュール、はっきり言ってスカスカだ。3日空く場合が2回もある。他の日も1日1時限取れれば良い方だ。2段階は1日3時限まで教習が受けられるし、12時限で卒業だから、1週間もあれば卒業できるだろうなんて思っていたが、この予定だと卒業までに3週間かかってしまうなぁ。

この後、大型二輪も取る予定なのに、大型二輪まで終わるのにもう1〜2ヶ月かかっちゃいそうだ。5月中にはこの教習所で取れるものは全部取っちゃうつもりだったが、どうやらこの教習所とは長い付き合いになりそうだ。


 △先頭へ  コメント(0)  トラックバック(0)  拍手(0)

 
  2020年04月  
 
 
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 1 2
最近のコメント
2012年6月25日12:19 S / TSUJI
最近のトラックバック
スポンサーリンク