このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

2018年4月21日 普通二種 技能5〜6時限目

今日も鬼教官だ。ついてない。でもって、今日の課題は「鋭角」「縦列」「方向転換」だ。

まずは鬼教官が見本を見せる。鋭角コースの縁石にピッタリ沿って縁石を左折し、1回の切り返しで鋭角コースを抜けた。

運転を交代して自分がやる番に。しかし、まず鋭角コースに入る時にもうダメ出しの連発だ。そりゃ、全然縁石に沿ってないんだもの。それにしても、鋭角コースに入る時に縁石に沿って曲がらないとダメなのかなぁ。どういう鋭角だよ。家の近くにも鋭角カーブあるけど、道の端に沿って曲がらなくても、ふくらんでも誰も文句言わないけどなぁ。

鋭角コースに入ったら、前の縁石が見えなくなる所まで前に出て、前の縁石が隠れたらハンドルを右にめいっぱい切り、縁石にぶつかるギリギリまで出たらそこで止まる。その後、ハンドルを左にめいっぱい切ってバックする。鋭角の角が、助手席のドアに重なったらストップ。最後に、ハンドルを右にめいっぱい切って前進すれば出られる、という話。

なるほど、鋭角も縦列や方向転換と同じで、目印を見つけて機械式にやるのか。それだと、この教習所でこの車種じゃないと通じないんだけどなぁ。まあ、先生がそうやれっていうんだから従うけど・・・。

その後、縦列駐車。左の角のポールと左の窓のフレームが重なる所までバックたらハンドルをめいっぱい左に切って、角のポールと車の角が重なったらハンドルをまっすぐに戻して、ボンネットの中央が角に重なったらハンドルを右に切ればOK。

最後に方向転換。これがなんと、目印ナシ。えー、目印ないのぉ??浦和中央じゃ、縁石の継ぎ目まで来たらハンドルを1回転半とか言ってたのに・・・。

しかし、これから二種免許を取ろうって人が目印に頼るなんて情けない。方向転換だけは間隔だけでクリアしてみよう・・・と思ったんだけど、目印がないんで全然入らん。

結局方向転換にはさんざん手間取り、ようやく成功した時にはもう教習時間終わりになっていた。


 △先頭へ  コメント(0)  トラックバック(0)  拍手(0)

2018年4月19日 普通二種 学科BDと技能3〜4時限目

学科はいつもの吉田くんの出てくるDVDを見る。吉田君が失恋してヤケ酒飲んで、朝目覚ましで飛び起きて出社する話。出社後、体調が悪いので休みますという事で・・・。

タクシー運転手は人の命を預かっているわけであるから、体調管理は常にしなければなりませんという事で。

後は全然覚えてない。

技能3〜4時限目。「交通ルールに従った運転」

今日は、昨日のやさしい先生じゃない。昨日のやさしい先生は、最後に「明日は私は二輪の担当なので、別の先生が担当になると思います」って言ってたな。

今日の担当は、適性検査の説明をしていた先生だ。しかし、この先生が怖い。厳しい。昨日まったく指摘されなかった、「左折が縁石に沿ってない」ってさんざん言う。

そりゃ、一発試験では左折が縁石に沿ってなければ減点なんでしょうけど、教習所の卒検でそれで減点されたって話を聞いたことないなぁ。そりゃ、もちろん、採点表を見たことはないけど、実際、卒検で隣に座ってて試験官がそこまでチェックしてるように見えなかったもん。

あんまり縁石に沿ってないってうるさいもんだから、もう左前輪ばっかり見て、前をまるで見ないで運転してしまった。危ない危ない。こっちが優先じゃない内側の道から外周コースに出る時なんか、外周を他の教習車が走ってるのに出ようとして事故りそうになるし。なにしろ前をまったく見てないのだからな。

おまけに、右折する時も、全然対向車との距離が空いてるし、対向車がそもそも普通一種の教習生でノロノロだから十分右折できるのに、補助ブレーキ踏むし。「右折する時は、対向車が優先だからね?本当に免許持ってるの?」って言われて、だから免許持ってるから、普段運転してる通りに運転してんじゃねーかよ。普段あの間隔で右折をやめたら、後ろからクラクション鳴らされてるよ、まったく。

最後に、運転教本の「申し送り項目」の欄にも、びっしり文句書かれてしまったし。もう、この先生は「鬼教官」と名付ける事にしよう。


 △先頭へ  コメント(0)  トラックバック(0)  拍手(0)

2018年4月18日 普通二種 適性検査、学科@、技能1〜2時限目

今日は適性検査だ。前に普通二輪の時もやったけど、またやらないとダメなのか。これって、教習所ごとの保管だからなぁ。そりゃ、全教習所でデーター共有なんてしたら、また個人情報がどうのこうのと問題になるだろう。

しかし、これって知能テストに毛が生えたようなもんだよなぁ。上の図と同じものがあったら印をつける・・・たって、同じものなんかねーよ。どれも微妙に違うではないか。

2問目。この図形の続きは次のうちどれか・・・って全然わからん。もうテキトー。

3問目。1行目は数字が大きくなったら○をつける、2行目は数字が小さくなったら○をつける、3行目は数字が大きくなったら○をつける、4行目は数字が小さくなったら○をつける・・・ったって、自分が今何行目をやってるのかすぐ忘れてしまう。「あれ?今何行目だっけ?」って思い出してるうちにもうタイムアウトだ。

4問目。とにかくひたすら「A」という文字を書き続ける。ここで問題が。自分は左利きだという事をひた隠しにするため、人前では右手で文字を書いているのだが、これがまたヘタクソで、ゴニョゴニョだ。それでも今更左手に持ち帰るわけにもいかず、右手でAの文字を書いていったのだが、やはりゴニョゴニョだ。

5問目・・・以降は性格診断テストだ。「交通規制が行われておらず、見通しが良い場合はスピード違反をしても良い」だってさ。「はい」に決まってんだろ。(ってまてこら)

というわけで、適性検査終わり。10分間の休憩後結果が戻ってくる。当然、最低ランクの「1E」だ。そりゃ、同じ図形は1つも見つからないし、図形の続きはサッパリわからないし、Aという文字は全部ゴニョゴニョだし、最低ランクにならないはずないよなぁ。

続いて、学科@「二種免許を持つ意義」

二種専用の学科教室に入ると、これがまた狭い。おまけに自分しかいない。先生とマンツーマンだ。ああ、なるほど、二種なんか取る人はめったにいないから、完全予約制なのね。じゃないと、最悪人が誰もいない空気授業になっちゃうもん。

「@二種免許を持つ意義」のDVDが始まる。どうでもいいけど、このDVDって科目ごとに1枚ずつあるのか。DVDをいちいちセットするのって面倒だよなぁ。こんなんISOにしてハードディスクに・・・って、それだとコピーガードがかかってるからダメか。こういう教育用のDVDはコピーガードかけなければいいのに。

タクシー運転手の吉田君なる人が登場し、吉田くんがお客さんを病院まで送って行ったら、病院にいた女性に「自分のおじいさんでしょ!なんで帰るの!」って怒られちゃうという話。

その怒ってた女性のお婆さんは、自分でバスに乗って病院に向かおうとして降りる場所がわからなくなってしまい、終点の駅前でウロウロしている所を、吉田くんが無事病院に送り届けてめでたしめでたし・・・って、そんなDVDが何の役に立つん??

技能教習1〜2時限目

二種はプロドライバーの証だから、さぞかし厳しい先生が来るんだろうと思ったら、全然そんな事はなくて、とってもやさしい先生。

1時限目は、普通一種免許の修了検定のコースを走るだけ、つまり、ペーパードライバーではなくちゃんと普通に運転できるかを確認するだけだった。当然、普段から自分の車に乗っている俺にはまったく問題ない。

2時限目は、1時限目に走った普通一種の検定コースをバックで走る。えー、そんなの聞いてないよー。やっぱり二種はプロドライバーの証なんで、普通一種のコースをバックで走り抜けられないとダメなのかなぁ・・・。

そして、案の定、縁石乗り上げまくり。全然ダメ。アチャー、さっそく追加教習??と思ったら、べつにこれは体験なのでできなくても良いそうで。あービックリした。


 △先頭へ  コメント(0)  トラックバック(0)  拍手(0)

2018年4月3日 普通二種 申し込み

今年は免許の更新だ。ただ更新するよりも、上位免許のビットを立てる事にした。前から気になっていたのが、免許の「二・小・原」「他」「二種」の日付の欄。この二種の欄だけが空欄になっているのが気に入らん。絶対に二種の欄に日付を入れてやる。

というだけの理由で、二種を取る事にした。しかし、近隣で二種を扱ってる教習所が少ない。前に文化放送で「二種免許が取れる教習所ないかなぁ」「あるある」っていうCMを聞いた事があるが、あれ何だったっけ?

まあいいや、現代にはグーグルという便利なものがあるんだ。これを使わない手はない。というわけで、検索する。一番近くてうらわ教習所か。一番近い浦和中央教習所では2種は扱ってないなぁ。

って事で、うらわ教習所に行く事にした。場所は検索しなくてもわかってる。なにしろ、京浜東北線から見えるわけだからな。京浜東北線から見えてても普通の人は注目を集めないだろうが、自分の場合、浦和中央教習所に通ってた時に、「今浦和駅にいるんだけど、どう行けばいいのか」という電話がかかってきたとか、そういう話をカウンターで聞いたのでな。

ちなみに、浦和駅からは浦和中央教習所の送迎バスは出てないので、路線バスで行かないといけないので、多分そのお客さんはうらわ教習所と間違えて浦和中央に電話してきたのだろうという話になって、だったら、こっち(浦和中央)の方を案内しちゃえって事で、大崎園芸植物園行きのバスの乗り方を案内していた。

似たような名前の教習所があるんだなーと思ってはいたが、もう1つの方(うらわ教習所)ってどこにあるんだろう?と思って調べたら、京浜東北線沿いにある事がわかり、電車から見て「ああ、あれか」という事で、場所はおおよそわかっていた。

しかし、2月3月は教習所は混んでいるという。そりゃ、卒業シーズンですからな。昔勤めていた会社で、高卒ルーキーがみんな免許持ってるんで、いつ取ったのか聞いたら、3年の3学期だそうで。そりゃ、桑田真澄みたいなよっぽどの早生まれでもない限りは3学期には18歳の誕生日は迎えてるだろうしなぁ・・。

昔勤めていた会社で、同じ高卒ルーキーなのになぜ自分だけ免許がないんだ?と思ったが、なるほど、高校が言うような「高校生に免許は必要ありません」っていう言葉をバカ正直に信じたのがいけなかったな。就職で必要だからという正当な理由があれば取っても良かったんだ。

それはそうと、2月3月は混んでるので4月になってから申し込む事にした。しかし、4月8日までは春休みだから混んでるんじゃなかろうか??

・・・って、まて、二種免許なんて普通は社会人が取るものであって、新社会人が会社に通いながら取るわけであるから、春休みが関係あるわけがない。じゃあ、やっぱり今から申し込みに行こう。

というわけで、うらわ教習所。カウンターに近づくと、女性が一人出てきて「どういった御用ですか?」と言うので、普通二種の教習の申し込みをしたいんですけど、と言うと、「ではこちらに記入してください」と言って、申込用紙を渡した。

申込用紙を書いた。すると、奥にひっこんでしまう。また戻ってきて、教習開始が二週間後からになると言って、また奥にひっこんでしまう。また戻ってきて、いくらかかると言う。エメラルドドラゴンのサオシュヤントの師匠かよ。何か言うたびに、奥で教わらないといけないみたいで、どうやら対応してくれた人は4月に入社したばかりの新入社員っぽい。

その後、「みなさんATでお取りになってますが、MTでいいんですか?」と聞く。あれ?9年前に普通免許取った時は、もう「マニュアルですよねぇ?」ってデフォルトでMTだったんだけどなぁ。当時(9年前ね)は、もう男=MTがデフォルトだったのに、今はもう男でもATがデフォルトなのか。時代が変われば変わるもんですなぁ。

その後、深視力検査を行う。最初、真ん中の棒が動いているように見えなかったのだが、よーく見ると動いているのがわかった。なので、じっくり時間をかけてボタンを押した。誤差2ミリ以内で合格となった。なんだ、楽勝じゃんと思った。(この時点では)

その後、今スケジュールを組みのでお待ち下さいと言われ、10分ほど待たされた。10分ぐらいして、時間がないので1段階だけしかできなかったけど、1段階のスケジュールができたと言われた、見ると、1日に学科2時限、技能2時限ずつの、限界めいっぱいの過密スケジュールだな。なにもこんなキツキツにせんでも・・・。まあ、教習所にしてみれば、なるべく早く卒業してもらって、人の回転を良くしたんだろう。

それにしても、普通免許の時は、学科は自由に好きな順番で好きな時間に受講できたけど、二種の学科は予約制なのか。当日キャンセルすると全額1時限分取られちゃうみたいなので、何があっても来ないとダメだな。


 △先頭へ  コメント(0)  トラックバック(0)  拍手(0)

2015年2月19日 リニア見学センター

今日はリニア見学センターに行く。けいおんナビにリニア見学センターをセットするも、場所そのものが登録されておらず、仕方ないので、付近を目的地にセットして出発。

しかし、けいおんナビの指示通りに走っていたら、どういうわけか一度おりた中央道にまた乗せようとする。えー、なんでなんで??







どうやらけいおんナビの奴、何を勘違いしたのか目的地が高速道路上にあると思っているらしい。んなわけねーだろ。



しょうがないので、いったん路地に入って・・・



ここでUターン。



来た道を戻る事に。



ここを左折する。



今回から車にドライブレコーダーをつけたので、帰ってから反省会もできる。行きにここでちゃんと右折していれば一発で着いたのに、何やってたんだ・・・



ああ、思い出した、前のトラックがめっちゃ遅かったんで、前のトラックが右折するんで、大喜びで加速して直進しちゃったんだっけ。

そこから先も道を間違えまくり。







結局、人間がナビゲートするなら、「次の信号を」とか「次の交差点を」とか「あのスタンドの角を」とか言うんだけど、けいおんナビの場合、「まもなく」とか「あと100m先で」とか言うからサッパリわからん。100m先って結局どこなんだ、って感じ。距離で言われても困るんですけど・・・。

ようやく到着。



入口をめざす。



中に入った。









ここで放送が入り、リニアが4キロ先を出発したので、まもなくここを通過するとのこと。えー、4キロ先ならまだ当分来ないのでは?



と思ったら、何かが目の前を通過。





速くてサッパリわからん。っていうか、4キロなんて数秒で到達するのか。

少しして、さっき通過したリニアが戻ってくるそうなのでここで待機。



やっぱり速すぎてよくわからんな。

昔、蒸気機関車が発明された頃、人間がこのスピードには耐えられないという説を唱えた学者がいたそうだが、そんな事言ったらリニアなんか乗ったら人間なんて空中分解するわな。

っていうか、人間がスピードに耐えきれないなんて事はない。人間に負荷がかかるのはあくまで加速や減速だ。一定の速度で走っていれば別に光の速さで移動したって特に負担はなかろう。

売店で記念メダルを発見。



さっそく購入した。ここの記念メダルは販売機ではなく売店でのケース売りのようだ。



刻印機は見当たらなかったので、今回は刻印はナシって事で。


 △先頭へ  コメント(0)  トラックバック(0)  拍手(0)

 
  2019年03月  
 
 
24 25 26 27 28 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 1 2 3 4 5 6
最近のコメント
2012年6月25日12:19 S / TSUJI
最近のトラックバック
スポンサーリンク