このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

2009年7月21日 銚子ポートタワー〜地球の丸く見える丘展望館

今日も銚子に行く。今回の目的は記念メダルを2枚集めることだ。

銚子に行くのに、いつもは錦糸町から特急(しおさい)で行くのだが、今回は東浦和から南船橋まで行き、京葉線で蘇我まで行く事にした。蘇我から外房線で大網をめざすが、来た電車は誉田止まり。仕方がないので誉田で次の電車を待つ。



今まで乗ってきた誉田止まりの電車は、折り返し千葉行きになるが、ガラガラだ。さすがにここまで来ればここから通勤する人はいないのか・・・と思いきや、到着する上り電車は、総武快速線経由にしろ京葉線経由にしろ激混みだった。

乗り継ぎの勝浦行きが来たので乗った。そしたら、次の土気駅やその次の大網駅の上りホーム激混み。んじゃ、誉田折り返しの電車って誰得?(JR得か?)

大網から成東行きに乗り換えた。それにしても、乗り換えホームが遠い。成東で下り電車を待っていると、銚子から成東折り返しの銚子行きが到着。成東折り返しって、これも誰得の電車だな。八街の利用者が増える一方なのに、実質千葉-成東間は減便される一方という。

途中で部活の格好をした高校生が乗ってきたので車内はにぎやかになった。高校生たちとは銚子まで一緒だった。

銚子駅の乗り換え連絡通路でSuicaをタッチして銚子電鉄へ。銚子電鉄の車掌に「1日券ください」と言って、銚子電鉄の1日券を買った。



笠上黒生で降りて銚子ポートタワーを目指す。今回はスーパーマップルを持ってきたので迷わないはず・・・と思ったのだが、案の定迷ってしまった。地図を確認・・・しようと思ったんだけど、雨が降ってきたので地図を出したら地図がずぶぬれ。仕方ないのでカンに頼って歩いていくと・・・銚子駅付近の海岸に出た。あーあ、これじゃ銚子電鉄に乗った分だけ引き返したようなもんじゃないか。

しかし、ポートタワーは見える場所に出たので、ポートタワーをめざしてひたすら歩く。なんとか到着したが、もう汗だくだった。窓口で銚子電鉄の1日券を見せてチケットを買った。350円のところ、1日券があると320円になるので。すると窓口の人が「今日は霧が深くて景色が見れませんけどいいですか?」と聞くのではいと答えた。まあ、記念メダル買うのが目的だし。



個人で来たのに団体用のチケットもらっちゃった。ま、いいか。

エレベーターを上ると・・・



たしかに景色は見れないな。とりあえず、目的の記念メダルを買って帰ろう。



中にあったクレーンゲームがチキチキバンバンの曲を演奏していたので、♪がんばれ僕らのファイターズ走れ速く がんばれ僕らのファイターズ決めろ早く うってーうってーひちょり などとわけのわからん独り言を言っていた。

次にめざすは、地球の丸く見える丘展望館だ。だが、問題はここから笠上黒生駅はどう行けばいいのだろう?わからん。地図は持ってきたので、地図を見ながらなんとか歩いていくが、またよくわからなくなってしまった。

・・・・約1時間半後・・・

着いた。ようやく着いた、犬吠駅に・・ってダメじゃん。1日乗車券買っておいて使ったのは銚子から笠上黒生駅までだけではないか。まあ、銚子ポートタワーが30円引きにはなったが。

とりあえず、犬吠駅から派手な金ピカの建物の脇を通ってひたすら山を登る。既に1時間以上歩いているので相当疲れているが、とにかく山をひたすら登る。約30分後、ようやく地球の丸く見える丘展望館に到着。窓口でチケットを買うが、やはり今日は霧で景色が見れないと言われる。それはそうなんだけど、ここまで歩いてきて引き下がれますかいな。というわけで、銚子電鉄の1日券を見せて350円のところを320円でチケットを購入した。



うーん、たしかに地球が丸くは見えないわな・・・



しかし今回の目的はあくまで記念メダル。記念メダルを買って階段を下りる。記念メダルの販売機ももうちょっと下にあれば入場しなくても買えるんだけど(それじゃ意味ないって??)



とりあえず今日はパノラマ写真でガマン。



来た道の山を降りて犬吠駅に。1日乗車券を使って銚子に戻ろう、と思ったが、次の電車まで1時間ぐらいある。そこで今回は東京駅まで高速バスで帰る事にした。という事は1日乗車券が全然元が取れなかったな。銚子から笠上黒生までの切符を買えばよかった。

そういえば、1日乗車券に「最終利用駅で駅員にお渡しください」って書いてあるから銚子駅で車掌に渡すつもりだったけど、高速バスで帰る事になったので渡しそびれてしまったな。

10分ほど歩いてバス停に到着。



今日は蒸し暑い中さんざん歩き回ったので汗だく。バスの座席まで汗だくになってはいけないので、上着をぬいで乾かしていた。湿気の多い日なので気休め程度にしか乾かんが。

すると、バス停のない道の反対側で何人か待っているではないか。「ん?あいつらどこで待ってんだ!?」などと思っていると、なんとバスはその道の反対側に到着。ええーーー、じゃあこのバス停のポールはダミーなのか!?それとも、道の反対側にポールを置く許可がもらえなかったのか?

しょうがない、次から道の反対側で待つか。でも、そういう時に限って真面目にバス停で待ってた人に「オレの方が正しい場所で待ってたんだ!」って怒られそう。もしくは、運悪くそういう時に限って運転手が真面目で正しいバス停に止まるとか。でも、このバス停ってバスが道の反対側に着くってのは暗黙の了解みたいだから大丈夫かも!?

バスが旭付近で天候が悪化してひどい土砂降りになった。もうちょっと乗るのが遅かったらずぶぬれになる所だった。次はもっと天気のいい日に来ないとダメだな。


 △先頭へ  コメント(0)  トラックバック(0)  拍手(0)

2009年1月16日 東京タワー

東京の名所といえばなんといっても東京タワー。地方の学校の修学旅行の定番でもある。しかし私は一度も上ったことがない。なにしろ行こうと思えばいつでもいけるから、あえて行こうと思った事がないというか。

そういうわけで、今日は東京タワーを目指す。最寄り駅はよくわからんが、浜松町から一番近くに見えるから浜松町だろうといういい加減な考えで浜松町を目指す。東浦和から武蔵野線で南浦和へ行き、そこから京浜東北線で浜松町へ。

浜松町からどう行けばいいのかよくわからんが、東京タワーは見えるので迷う事はない。見える方向にまっすぐ行けばいつかは着くだろう。

なんとか入口らしきところに到着。窓口で入場券820円を買って入場。さっそく中へ入った。



ここのガラスは歩くことができるが、怖いのでやめ。



そういえば、昔テレビ東京の「おもしろマップ」という番組で、あのねのねの清水國明が下から双眼鏡でスカートの中を覗こうとしたら、ちょうどガラスの上にムキムキマンが立っていたというギャグがあったな。でも、今はカメラの性能があがったから、そういう輩が本当にいても不思議はないな。

ここで恒例の記念メダルを購入。



これで記念メダルはランドマークタワー、記念艦三笠、東京タワーの3枚になった。


 △先頭へ  コメント(0)  トラックバック(0)  拍手(0)

 
  2020年10月  
 
 
27 28 29 30 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近のコメント
2012年6月25日12:19 S / TSUJI
最近のトラックバック
スポンサーリンク