このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

2016年1月21日 Rubyのインストール

このホームページの入ってるサーバーにRubyをインストールしてみる。
-------------------------------------
cd 作業ディレクトリ
wget --no-check-certificate https://ftp.ruby-lang.org/pub/ruby/ruby-2.3.0.tar.gz
tar xvzf ruby-2.3.0.tar.gz
cd ruby-2.3.0
./configure --prefix=/usr
make
make install
-------------------------------------
ここで、本当に「cd 作業ディレクトリ」とやってしまい、「エラーが出るじゃねーか」という苦情は受け付けません。

ためしにhelloという文字列を表示させてみる。
-------------------------------------
#!/usr/bin/ruby

print "hello\n"
-------------------------------------
-bash: ./test.rb: /usr/bin/ruby^M: bad interpreter: そのようなファイルやディレクトリはありません

えーなんでなんで??そういや、Perlでも散々出たな、そのエラー。

というわけで、改行コードを\nのみにしてもう一度。今度はhelloと表示された。じゃあ今度は日本語の表示を。
-------------------------------------
#!/usr/bin/ruby

print "テスト\n
-------------------------------------
./test.rb:3: invalid multibyte char (UTF-8)

えー、なんでなんで??と、ここで「たのしいRuby第4版」を確認。Rubyは文字コードを指定しないといけないのか。面倒だな。PHPやPerlはそんなのいらないのに・・・。(もっとも、PHPでは内部エンコードっていう設定はあるけど)

-------------------------------------
#!/usr/bin/ruby
# encoding: euc-jp

print "テスト\n"
-------------------------------------
./test.rb
テスト

今度はうまくいった。こんだけできれば、あとはPHPやPerlと対して変わらんだろうから、違う部分だけを随時調べればいいや。

ここを参考にしました。
https://www.ruby-lang.org/ja/documentation/installation/


 △先頭へ  コメント(0)  トラックバック(0)  拍手(0)

スポンサーリンク