このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

2019年1月15日 造影CT

今日は造影CTのために市立病院へ行く。造影CTとは、血液に造影剤を点滴してから行うCT検査。そのために、腫瘍などがあった場合に発見しやすいそうで。

しかし、同意書を見るとなんか怖い。1万人に1人の割合で重篤な状態になる場合があり、17万人に1人の割合で死亡例がある。また、アレルギーで全身にかゆみが生じる場合があるのと、点滴が外れて腕に激痛を伴う場合がある。

で、それらのリスクを承諾するならサインを・・・って、そこまで脅されてサインできるかよ。かといって、サインしないと検査できないし、困ったな。

実を言うと、もうこの頃になると胆石痛が悪化していて、少し食べただけで痛くなってしまう。なのでお粥しか食べられない状態で。これ以上手術から逃げると、ずっと逃げてないといけないわけで。

それに、病院嫌いの母が、どうしても我慢できなくなって病院に行った時には、既にがんが全身に転移していて手遅れだった。あの時は、造影CTで全身への転移が判明したわけだが。

なので、造影CTはがんを発見するためには必要な事なのだ。手遅れになる前に受けなければならない。仕方ない。もう観念して同意書にサインした。

8:00病院着。ここまで来たのはいいが、やっぱり怖い。



8:30に窓口が開いて受付をすると言うので、受付票を出す。

9:00に予約の順番でCTの撮影が始まるが、すぐに中から子供のギャン泣きが聞こえてくる。そりゃ大人の俺がこんだけ怖いんだから、子供なんかさぞや恐怖だろう。

9:15に放射線技師に呼ばれて、「まずはこれ(ガウン)に着替えてください」と言うので、上着(ダウンコート、ベスト、ポロシャツ)を脱いでTシャツ1枚になる。すると、「キュゥべえですか。僕はマミさん派なんですけどね」って言われた。ああ、これを着てたからか。



ガウンに着替えてレントゲン室のベッドで横になる。すると、造影剤を点滴するので、気分が悪くなったら言ってくださいと言う。

点滴が始まる。もう心臓バクバク。急に呼吸が速くなったので、看護婦が「どうしました!」って言う。なので「怖いんですよ。同意書であんだけ脅されたら」って言うと、「ですよね〜」って言われた。

30分後、点滴がカラになる。なんだ、さんざん脅されたけど、なんともないではないか。なにが1万人に1人の確率で重篤な状態になる、だよまったく。

その後、ベッドの上で1回転してくださいと言うので、横向きに1回展した。別にバック宙するわけではない。横向きにゴロンとなっただけだ。

その後、CTを撮影して今日は終わり。なんだ、さんざん脅されたわりには、どうって事なかったな。やはり問題は次回の胃カメラのようだ。


 △先頭へ  コメント(0)  トラックバック(0)  拍手(0)

 
  2019年06月  
 
 
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 1 2 3 4 5 6
最近のコメント
2012年6月25日12:19 S / TSUJI
最近のトラックバック
スポンサーリンク