このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

2015年2月19日 リニア見学センター

今日はリニア見学センターに行く。けいおんナビにリニア見学センターをセットするも、場所そのものが登録されておらず、仕方ないので、付近を目的地にセットして出発。

しかし、けいおんナビの指示通りに走っていたら、どういうわけか一度おりた中央道にまた乗せようとする。えー、なんでなんで??







どうやらけいおんナビの奴、何を勘違いしたのか目的地が高速道路上にあると思っているらしい。んなわけねーだろ。



しょうがないので、いったん路地に入って・・・



ここでUターン。



来た道を戻る事に。



ここを左折する。



今回から車にドライブレコーダーをつけたので、帰ってから反省会もできる。行きにここでちゃんと右折していれば一発で着いたのに、何やってたんだ・・・



ああ、思い出した、前のトラックがめっちゃ遅かったんで、前のトラックが右折するんで、大喜びで加速して直進しちゃったんだっけ。

そこから先も道を間違えまくり。







結局、人間がナビゲートするなら、「次の信号を」とか「次の交差点を」とか「あのスタンドの角を」とか言うんだけど、けいおんナビの場合、「まもなく」とか「あと100m先で」とか言うからサッパリわからん。100m先って結局どこなんだ、って感じ。距離で言われても困るんですけど・・・。

ようやく到着。



入口をめざす。



中に入った。









ここで放送が入り、リニアが4キロ先を出発したので、まもなくここを通過するとのこと。えー、4キロ先ならまだ当分来ないのでは?



と思ったら、何かが目の前を通過。





速くてサッパリわからん。っていうか、4キロなんて数秒で到達するのか。

少しして、さっき通過したリニアが戻ってくるそうなのでここで待機。



やっぱり速すぎてよくわからんな。

昔、蒸気機関車が発明された頃、人間がこのスピードには耐えられないという説を唱えた学者がいたそうだが、そんな事言ったらリニアなんか乗ったら人間なんて空中分解するわな。

っていうか、人間がスピードに耐えきれないなんて事はない。人間に負荷がかかるのはあくまで加速や減速だ。一定の速度で走っていれば別に光の速さで移動したって特に負担はなかろう。

売店で記念メダルを発見。



さっそく購入した。ここの記念メダルは販売機ではなく売店でのケース売りのようだ。



刻印機は見当たらなかったので、今回は刻印はナシって事で。


 △先頭へ  コメント(0)  トラックバック(0)  拍手(0)

 
  2015年02月  
 
 
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
最近のコメント
2012年6月25日12:19 S / TSUJI
最近のトラックバック
スポンサーリンク