このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

ダームの塔

イース TOP ダームの塔
神殿 ビビープに戻る
廃坑
<<前の記事    次の記事>>

ダームの塔

ダームの塔はここからスタートです。ここから戻る事はできません。


どうもXM7のどこでもセーブ機能との相性が悪いみたいで、どこでもセーブのデーターをロードしてから2〜3分ほど操作不能になったり、[F1][F2][F4]が効かない場合があります。なので、セーブはどこでもセーブではなく、ゲーム内のセーブ機能を使った方が良いと思います。


ここでアドルは気を失ってしまいます。


気がつくと牢屋の中。持ち物の一部がなくなっています。


ないのはシルバーシリーズでした。というわけで、ラージシールドはここまでの間には使わなくても、買っておいた方が良いわけですね。


もう1人誰かが捕まっています。老人が目の前で壁の中に消えてしまったと言います。


ドギが助けに来ます。




ルタ=ジェンマのヒントに従って、石像が並んでるところでマスクオブアイズを使うと、隠し通路が見つかります。


隠し通路の中にいる老人から、ブルーネックレスをもらいます。


ブルーネックレスを装着します。これで、さっきの罠より先に進む事ができます。


ちなみに、ブルーネックレスを装着してないとまた捕まってしまいますが、ドギが何度でも助けに来てくれます。


トラップの先に行くと、ドギが『ロッドがないと先に進めない』と言います。


シルバーソードを奪還します。

シルバーシールドを手に入れます。ここは敵に囲まれているので、タイマーリングを装着して取ったらすぐ逃げます。


カマキリの中ボスとの戦闘になります。シルバーシールドを先に取っておかないと戦いがキツイです。


敵はアドルが今いる位置にブーメランを投げてきます。そこで、ブーメランはなるべく上の壁に沿って投げるように誘導し、ブーメランを3枚とも投げたら回り込んでダメージを与えます。

ブーメランをできる限り3枚重なるように誘導します。具体的には、現在飛んでいるブーメランとこれから投げるブーメランが同じタイミングで敵に戻るように誘導します。20回も30回もやってると、そのうち慣れてうまく誘導できるようになります。

カマキリの敵は大量生産らしく((C)秋山蓮)、倒した後にもう一度ここに来ると、またいます。

カマキリの敵を倒した先からイースの本とハンマーを手に入れます。




その先に再びルター=ジェンマ。ダームの塔に女の子が一人連れて来られたといいます。


その先で妙なBGMが流れる場所で、体力が急速に減ってしまいます。


ギリギリで途中にある部屋に駆け込むと、この階の柱の一本が通風管になっていて、風によって悪魔の曲が鳴っていると言います。


ここでハンマーを装着します。


初回プレイ時にはハンマーの使い方がわからず苦労しましたが・・。「Enterキーを押す」 が正解でした。(FM-7だから正確には「リターンキー」かも?)


その先で老人がいます。ラドの塔に女の子が囚われており、邪悪なものしか入れないと言われます。


その先にいる岩みたいな中ボスは、中心の赤く燃えたぎった部分に触れるとアドルのダメージ、周囲の岩の部分に触れると敵のダメージになります。


なので、岩のまわりを回っていればそのうち倒せます。


イースの本とロッドを手に入れます。




ロッドがあると、鏡からワープできるようになります。


シルバーアーマーを奪還します。


ここで行き詰まってしまいました。行き詰った原因は『先入観』です。ここの右の鏡からワープすると・・・


ここに出るのですが、出たとこのすぐ上にある鏡からワープすると、入った場所に戻りそうな気がしていました。


しかし、しばらく迷っているとわかると思いますが、入口と出口は必ずしも1:1には対応していないのでした。という事で、正解は、このワープして出た所にある鏡にもう1回入る、でした。

バトルシールドを手に入れます。


ここは敵が強くて、全部を相手にしていたのでは体力が持ちません。タイマーリングを装着して逃げるしかないです。

右の宝箱はヒールポーションなので、取る必要はありません。

バトルアーマーを手に入れます。


突然敵が出現します。


その先にはフレームソードがあります。


柱の中央の鏡からワープする前にセーブします。でないと、その先ではセーブができません。


青と金の鬼のまわりには火が回っています。


火に触れるとアドルのみダメージになります。
青い鬼に触れるとアドルのみダメージになります。
金の鬼に触れると敵のダメージになります。

しかし、金の鬼を追いかけても、ダメージを与える毎に金と青が入れ替わってしまいます。

そこで、ここでは[2]と[8]のキーのみを使い、上下運動で鬼の青と金が重なるタイミングで攻撃します。火の回転半径のギリギリ外で待っていて、鬼の面が重なるタイミングで突入します。

序盤はアドルの方が体力が不利なのですが、あきらめずに鬼にダメージを与えていくとそのうち火の数が減っていくので、最後にはアドルが逆転して勝てるようになります。

ここの扉は開かないようです。まだ何か足りないようです。


来た道を戻り、ラドの塔に向かいます。


ここの扉が開きません。なぜでしょう?

老人の話では、邪悪なものしか入れないそうですが・・・。

そこで、心を悪に染めると言われているエビルリングを装着します。しかし、このままでは即死なので、必ずブルーネックレスを同時に装着してください。


中には詩人のレアさんが捕まってました。


ダルク・ファクトのマントはクレリアという金属でできた剣しか効かないと言います。


イースの本を読むためのメガネをもらいます。


この後、[R]キーを押してイースの本を読みます。マニュアル(イースの本?)なんてとっくに捨てちゃったので、メガネの使い方がわからず困りました。


ジェンマの家系には呪いを破るメダルが伝わっていると書いてあります。ジェンマ・・・あいつか。というわけで、ルタ・ジェンマのいる所まで戻ります。


ルタ・ジェンマから、ブルーアミュレットをもらいます。


これで、さっき入れなかった扉に入れるようになります。

その先にいたのは、あの黒いマントの男・・・・ダルク・ファクトでした。


ここでセーブしておかないと、舞台の上ではセーブができません。


しかし、ダメージを与えられません。何かが足りないようです。


実は、このゲームにはシルバーシリーズよりも上(バトルシリーズとフレームソード)がある事がフェイクでして・・。 必ずしも最強の装備をしていれば良いというわけではなかったのでした。

ダルク・ファクトはクレリアでしか倒せない。しかし、クレリアというアイテムはこのゲームには出てこない。では、どうすればいいか。

ゲームの序盤を思い出してみてください。黒いマントの男がシルバーシールドを買っていった、村からは銀のハーモニカ、銀の鈴が盗まれた、盗賊のアジトからも銀製品ばかりなくなっていた。そして、村には時折怪しげな黒いマントの男の目撃情報があった。

黒いマントの男の正体はダルク・ファクトと見ていいでしょう。なぜダルク・ファクトは銀製品ばかり盗んでいったのでしょう?それは、自分を捕らえようとする者が銀製品を持っていると都合が悪いから、ではないでしょうか?

つまり、ダルク・ファクトは銀に弱いという事です。そこで、全ての装備をシルバーシリーズに変更します。


ダルク・ファクトとの戦闘では、ダメージを与えて離脱するとそこに穴が空いてしまいます。なので、出来る限りダルク・ファクトに長時間接触している必要があります。ダルク・ファクトは、画面の端に当たると45度の角度で跳ね返るだけです。つまり、動きを見切ればダルク・ファクトに長時間触れたままでいる事は、そう難しい事ではありません。結局、装備をシルバーシリーズに変更するという事さえわかれば、後はそんなに難しくないようです。

ダルク・ファクトの戦闘シーンでは、BGMが77AV版のみフルバージョンとなっています。ダルク・ファクトを倒すと、最後のイースの本が手に入ります。


ファクトの章を読みます。

エンディング

ファクトの章を読むとエンディングになります。








このエンディングのCGは、後開発の77AVと、MSXぐらい(注:他にもあるかも?)です。それ以外の機種では、8色のダームの塔がスクロールするだけだと思います。ただし、MSXはPSGなので、FM音源とCGの組合せは、おそらく77AVだけでしょう。(注:他にもあるかも?)

スタッフロール。これも後開発の77AVとMSXはCGですが、それ以外の機種では流れる星だと思います。


というように、イース1に関しては後開発の77AVバージョンが最も完成度が高いようです。

ちなみに、 さまざまな機種でクリアすると、エンディングのスタッフロールの部分は、
PC-8801SR・・・・星でFM音源バージョン
FM-7・・・星でPSGバージョン
FM-77AV・・・CGでFM音源バージョン
MSX・・・CGでPSGバージョン
の4通りを見る事ができます。

イース TOP ダームの塔
神殿 ビビープに戻る
廃坑
<<前の記事    次の記事>>
スポンサーリンク