このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

現代編2

ハイライン邸へ

ハイライン邸に行くと、ハイラインからあらためて自分の野望に力を貸してくれと言われます。

ここで「Yes」と答えると、ハイラインから副官室の鍵を渡されます。

バッドエンド(2)

ハイラインの誘いにいったんはNoを答えた後、ハイラインから「もし私に協力してくれるなら、君をエリーゼと結婚させてもいいんだが、どうだ?」と言われてYesと答えると、めでたくエリーゼと結婚して宇宙の支配者となります。めでたしめでたし・・・ん!?


と、ここでバッドエンドになってしまうので、ハイラインの部屋に入る前にセーブしておいた方が良さそうです。

副官室にて

副官室に入ると、ハイラインの声で「フハハハハ、そこはガス室だ。お前はそこで死ぬのだ」と言われます。

ここの机を動かすと、ガス管が出てきます。

ここは、ベートーベンの家にあったハンマーを使って窓を壊して脱出します。

エリーゼの部屋

エリーゼは「父はまるで人が変わってしまったようだ」と言います。(※伏線)


エリーゼから、地球に向けて発射されたミサイルの自爆装置が父の部屋にあるので、それを押してくれと頼まれます。しかしハイラインがそう易々とボタンを押させてくれるとも思いません。果たしてどうやってボタンを押せば良いんでしょう?

ハイラインを直接倒そうにも、入口にいる護衛ロボットが強すぎて、たとえライトサーベルやレーザーガンをもってしても倒せません。 なので、ハイラインの部屋に入る時にロボットに武器を没収されてしまいます。また、ハイラインは禁則事項ですなので素手ではけっこう強く、とてもこの主人公の力では倒せません。

そこで、どうにかしてハイラインを倒して、ハイラインの部屋にある自爆ボタンを押す方法を考えなければなりません。

時計台へ

学校の銅像の前。こで木を見ると「ハシゴがあれば」と表示されます。

というわけで、ダナーク星で手に入れたハシゴをかけてみましょう。

ハシゴをかけて木に登ると、カギが落ちています。カギを見ると「これは時計台の鍵だ」と表示されます。

この後ハシゴはまた使いますので、すぐに回収しましょう。

序盤で教室から北に行こうとすると「ハシゴがあれば」と表示されていたと思います。教室にもハシゴをかけてみましょう。

これで教室から先に行けるようになります。でも、こんな狭い窓が通れるのでしょうか?っていうか、こんな黒板と同じ高さにある窓ぐらい、ハシゴなくても届くだろっていう気もします。というより、そもそも校舎ぐらい回りこめばいいような??

などと色々考えてつつも時計台に来ました。

さっきのカギでドアを開けます。

時計台のてっぺんからハイラインが見えます。ここからハイラインを狙撃すれば・・・・。

しかし、「レーザーガンでは届かない」と表示されます。レーザーは大気中ではどうしても距離が遠くなるにつれて威力が弱くなってしまいますからな。長官を狙撃するためには、なんとかライフルを手に入れなければならないようです。
スポンサーリンク