このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

探偵団X TOP

探偵団X


このゲームはコマンド選択式アドベンチャーゲームです。「探偵団X」と呼ばれる高校の探偵部のような4人組が、さまざまな事件を解決する話です。

ゲームそのものは全コマンドを選択すれば終わるようになってはいるのですが、1コマンドで15分、1回の移動で30分が経過するようになっており、時間内に全てのリアクションを出さないとゲームオーバーとなり、その日の頭からやり直しになってしまいます。

そのため、このゲームでは1回目のプレイでは大抵ゲームオーバーになるようになっており、同じ日を何度も何度も繰り返して正解を見つけるようになっています。

このゲームは随所にパロディが散りばめられているのですが、シャレの通じないBPSのテトリスのパロディ広告を出してしまったばかりにBPSの逆鱗に触れて発売中止になってしまいました。したがって、今流通しているのは、発売中止になる前に出荷されたものです。

メンバー

団長

しゅんこと伊藤俊也。このゲームのプレイヤーキャラで、プレイヤーはこの「しゅん」となってゲームを進めて行きます。

団員

みきこと早川みき。


のぶこと大門伸一。


やすこと山田康広。

どうでもいいけど、このOP曲からしてアウトのような気がしなくもない。パロディというより、単に既存の曲をつなぎ合わせただけだもん。80年代はJASRACもそんなにうるさくなかったのかもしれません。

(オリジナル)
誰だ誰だ誰だ 地獄の軍団 ダブルタイフーン命のベルト 
空を見ろ星を見ろ宇宙を見ろ 我らを狙う黒い影 赤い火を
岡田!岡田!ホームラン ホームラン スリーランスリーランホームラン
(オリジナル)

こんな感じでしょうか。

コマンド



1.行動する
主人公「しゅん」が移動、もしくは聞き込みをします。1回の移動で30分、聞き込みで15分が経過します。

2.指示をする
団員に調査および尾行を指示します。3人の団員による違いはありません、みき、のぶ、やすの優先順で、手の空いている人が調査もしくは尾行をします。

尾行する相手の性別が違うとトイレでまかれてしまうとか、足の速い相手にはやすじゃないと逃げられてしまうとか、そういう要素があればもっと面白かったかもしれません。

3.報告を聞く
調査の結果を聞きます。大抵はその日の最後にあらためて報告が入るので途中で選ぶ必要はないのですが、2話目の2日目では途中で報告を聞く必要があります。

4.メンバーの調査状況

何人手が空いているかがわかります。誰が空いているかは、このゲームでは特に関係ありません。

5.待つ
施設によっては時間が来ないと開いてない場合や、人によっては時間が来ないと現れない場合があり、その場合はこのコマンドで待ちます。ただし、あまり待っているようでは時間が足りなくなります。待ち時間ができるだけ少なくなるように行動のスケジュールを立てる必要があります。

スポンサーリンク