このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

王子ビンビン物語 TOP

 王子ビンビン物語



イーストキューブより発売された、ドラクエタイプのRPGです。FM-7版はFM音源対応ですが、SSGを使わずPSGを使っていたり、グラフィックスの表示のされ方がどことなくデーターウエストの「第四のユニット」シリーズに似ています。というか、BGMの感じも似ています。もしかしたら、何らかの関係があるのかもしれません。

という私も、これまでさまざまな企業の下請けのプログラムを作ってきましたが、自社で開発したと公に発表できるものは少なく、制作が発注した企業の名義になる事が多く、同じスタッフがさまざまな別会社のプログラムを作っていたとしても、さほど不思議な事ではありません。

FM-7版はXM7との相性が悪く、どうしても途中でフリーズしてしまうため、ここではPC-9801版を使ってレビューを行います。

あらすじ 

昔々あるところに白雪姫という美しいお姫様がいました。白雪姫はその美しさに嫉妬した継母の策略により毒リンゴを食べさせられ、長い眠りにつきました。そこへ通りかかった王子様の熱い口づけにより白雪姫は目覚め、やがて2人は結婚し、幸せに暮らしました。

あれから5年・・

2人の関係は徐々に冷めていきました。王子様の浮気癖はひどく、毎日のように色々な女性と浮気を繰り返す始末。白雪はとうとう我慢できなくなり、城を飛び出していきました。これを知った王妃様は激怒。王子に、すぐに白雪を連れ戻すように命じました。また、白雪を城に連れて帰るまで城には入れないとまで言われてしまいました。

このゲームでは、プレイヤーは王子となり、白雪を探し城へ連れて帰らなければなりません。

キャラクターメーク

まず名前を決めます。検索したら、白雪姫に出てくる王子様の名前は「プリンス・チャーミング」なんだそうで、チャーミングにしました。べつにズームインSUPERに出てくるピンクのやつではありません。(それはチャーミン)


パラメーターの振り分け、といっても、どこにどんだけ振り分けていいのかわからず、上から10ずつ振り分けました。

主人公の王子の住むお城からスタートします。いきなり王妃様(実の母?)に怒られてしまいます。


大臣から100クレジットもらいます。どうでもいいけど「ボーナス100クレジットだ。」って誰が言ってんねん。(ナレーション?)


しかし、YESと答えると「世の中そんなに甘いもんじゃおまへんで」とか言われてもらえません。NOと答えると、「その謙虚さを忘れぬように」と言われて100クレジットもらえます。


また、隣の大臣から、まずはニャーゴの街へ行かれては?と言われます。


一度ゲートを出てしまうと、もう入れません。姫を連れて帰らないと城に入れてくれないみたいです。

スポンサーリンク