このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

オープン3

オープン3



オープン3はノーザンベースを中心に活動します。オープン3にはやたらと広い空間がありますが、そのわりに施設は少なく、ほとんどは罠です。クローズ7の中はクローズ8、クローズ9の入口があり、見た目以上に奥が深い構造になっています。クローズ9には最終目的地であるインストラクションルームがあります。

オープン3に潜む罠

ワープゾーン
視界不良ゾーンはワープだらけで、踏んでしまうと同じ視界不良ゾーン内のどこかに飛ばされます。クローズ2の視界不良ゾーンと違い同じような地形だらけで、いったん飛ばされてしまうと現在位置の把握は困難を極めます。

ゲート5を抜けたら、上と右の壁に沿って進むようにすればワープにひっかからずに済みます。クローズ7はゲート6を通らずに行けそうに見えますが、実際にはワープだらけでゲート6を通らないと到達できないようになっているようです。

ダミークレーター
オープン3をマッピングしていくと、どうしても入ることのできない閉鎖地域がある事に気づきます。これは敵の作ったダミークレーターがあるためです。上記マップで[ダ]と書かれた所の前で8キーを押してみてください。


回転床
MAZE2の周辺は回転床だらけです。オープンの画面に方向表示がないため、回転床を踏んでしまうとビュウウウという音が鳴って向きが変わりますが、方向表示がないのでどっちの方向を向かされたかよくわかりませんで、この周辺には目標物もないため現在位置が全然わからなくなります。ダミークレーターを抜けたら、できるだけ左と上の壁に沿って進むようにすれば回転床にひっかからずに済みます。

メイズ2〜宇宙船

メイズ2

メイズ2では誰か1人攻撃を受ける可能性の低いキャラ(先頭のキャラがいいかも)にドリルクラッチを持たせ、掘り進んでいきます。ここの出入口は非常にわかりにくいので、迷子にならないように気をつけてください。帰りはなるべく自分が掘った跡を戻りましょう。エミュレーターなら、入った所で[Print Screen]キーを押して入った場所の地形を残しておくのも手です。

赤外線スコープ
赤外線スコープを取っておかないと、PRESETERと戦闘になっても敵が見えません。赤外線スコープとスターライトビジョンはパーティの中の誰かが装着していれば良いのですが、最低でも1つずつは装着してないと、いつどっちが必要な敵と出会うかわかりません。

宇宙船
メイズ2には宇宙船が埋まっています。これこそ、7万光年の胞子・・・つまり惑星ZENTHより放出された無人探査船のうちのうちの1つです。しかし、この探査船は無人ではなかったのでした。この探査船ではZENITH星の人が人工冬眠で眠っていたのでした。


人工冬眠用のライフカプセルは全部で30個あります。しかし、そのうちの1つを除いて29個は空です。ライフカプセルの住人は1つずつ、寿命が尽きる寸前に次のカプセルを目覚めさせていき、今は29番目の人がここを管理していました。

ここで29番目の住人は、30番目・・・最後のZENITH星人を故郷のZENITH星に連れて行ってくれと頼み、息を引き取ります。30番目のライフカプセルの住人は女性、しかも子供だったので、一番最後に回されたのでした。


29番目のZENITH星人の意思を受け継いだプレイヤー達は、ZENITH星人最後の1人の眠るライフカプセルを持ってクローズ9にあるインストラクションルームを目指すわけですが、その前にはゲート5とゲート6が立ちはだかり通る事ができません。そこで、まずはダミークレーターの先にあるウェスタンベースに行ってみましょう。

ウェスタンベース

ウェスタンベースは他のベースと違って、セーブや他のオープンに出る事はできないのですが、かわりにコンピューターやラボラトリィを使うことができます。ただし、これを使うためにはIDカードが必要です。IDカードはタウン3で監禁されていた資源調査団員からもらってますよね。

上の「ラボラトリィ」という表示は間違いですね。実際にはコンピュータールームです。

コンピュータールームにあるBIGトランスラという翻訳装置でフレイボーイやヘントハウスを調べてみましょう。

※これはあくまでも例です。ゲートナンバーはキャラごとに異なります。

フレイボーイやヘントハウスには、現地の言葉(ナセル語?)でゲート5やゲート6のナンバーが書かれていたのです。つまり、タウン3で住民が大勢並んでいるうちの2人(ナセルアナの長と、ナセルギナの長の側近)は軍の内通者で、こっそり雑誌にまぎれてゲートナンバーを書いて渡してくれていたのでした。(というより取ったら「オコッテオソッテキタ」ので、プレイヤーが強引に取ってしまったのかもしれません。)

これでようやくオープン3のゲート5、ゲート6を通る事ができます。

クローズ7〜9


クローズ7、8、9は雪原です。スノージェットがないと進む事はできません。しかし、苦労してナセルギナの場所にいっても「資格のないものに用はない」と言われます。これは一体どういう事でしょう?

クローズ7のナセルギナにはレジオンホワイトが必要です。一体どこにあるのでしょう?よく見ると1箇所、ランディングポイントがあります。スカイジェットに履き替えてそこまで行きます。着地したらまたスノージェットに履き替えて(これはがまた面倒)レジオンホワイトをもらいに行きます。

レジオンホワイトは、3つのレジオン(RGB)を持っている人のみもらう事ができます。ブルーはOPEN1、レッドはクローズ4、グリーンはクローズ6にあります。取りこぼしはありませんか?

そしたら、またスカイジェットに履き替えて、と思うかもしれませんが、ちょっと待ってください。ここは確かランディングポイントが1箇所しかなかったんでしたよね。つまり、ここで飛んでも同じ場所にしか着地できないのです。じゃあどうやってここから脱出すればいいのか、というと、実は左下にワープゾーンがあって、そこからナセルギナの場所までワープできたのでした。

これでファクトリーが見えるようになり、ロケットランチャーやマルチレンジが入手できるようになります。(あまり役に立ちませんが)

クローズ7の入口付近にさらに8・9の入口があります。クローズ9の中央には、妖しげな建造物があるのですが、ランディングポイントがないので入ることができません。これはナセルギナの所まで行ってランディングポイントを見えるようにしてもらう必要があります。


△見えるようになるのはファクトリィじゃなくて、ランディングポイントなんですが・・・

ZENITHオペレーションルーム〜インストラクションルーム

ようやく苦労してやってきましたZENITHオペレーションルーム。何が苦労するかって、そりゃパーツチェンジ→キャラクター名→レッグ→スカイジェットを全員分、着地後に(省略)→レッグ→スノージェットを全員分やらないといけないんだもの。せめて、パーツの交換後にキャラクターの選択に戻れば良かったんですけど。


ここから先は上下左右がループしていますが、マップ自体は狭いのですぐにインストラクションルームを発見できると思います。一向に目的地に着かないよーという方は、ここが狭い範囲でループしているという事を頭にいれておいてください。

HOT-Bのゲームの例にもれず、このゲームにもラスボスはいません。発汗惑星のような強敵の連続攻撃という事もありません。最後は目的地(インストラクションルーム)まで辿り着けば終わりです。

ZENITH星人最後の1人が眠るライフカプセルを持って、インストラクションルームまで辿り着いたキャラクター達。そこで彼らが見たものは?ここから先は、みなさんの目で確かめてください。

エンディングの後

序盤の基本世界の操作性の悪さから、何度「こんなゲームやめてしまおうと」思った事でしょう。でも、ここまできて最後まで我慢してプレイしてきて良かったと思います。基本世界だけだったら間違いなくクソゲーだったと思いますが、冒険世界のラストはなかなか良い話だったと思います。

イースタンベースに戻ったプレイヤー達は、ここで皆に祝福されます。プレイヤー達は、ナセル戦争を終結させた英雄となったのです。もはやここに傭兵は必要ありません。パーティー全員除隊しましょう。


除隊が完了すると画面はローダーセットのユーティリティに戻ります。この時、プレイヤー達はどのシナリオにもいない事になりますので、これで他のシナリオ(といっても発汗惑星しかありませんが)に行く事もできます。

7万光年の胞子たちで稼いだPOTはパーティー全員で山分けされ、1POT1Pinaで現金化されます。インベントリーで確認すると、プレイヤー達はこれまでと比べ物にならない程のお金持ちになっています。

この後、「発汗惑星」では比較的お金が必要になるので、ここで稼いだお金が役に立つと思います。
スポンサーリンク