このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

第1章 テグラの宝石

テグラ

ガルガが出たと言います。


人が小舟で出てきました。


ローディの奴がガルガを倒すといって小舟で出ていったそうです。日立のオーディオ機器のブランドかな?


シャリネのある村から人が逃げてきます。


クリスが帰りの船に一緒に乗せてあげる事にします。


親子はクリス達が戻ってくるまで倉庫で待っているそうです。

テグラのシャリネ

シャリネのある村もめちゃくちゃに壊されています。


シャリネは準備中なので、休憩所の方に移動します。


ラモンの隠し秘宝という本を読みます。


その後、シャリネに入れるようになります。


鏡にはガルガ+赤い宝石の映像が映し出されます。


鏡に映る映像は、心の心境が影響するので、あまり気にしないようにと言われます。


次はイグニスを目指しなさいと言われます。イグニスはアンデラ城の東、大蛇の舌と呼ばれる場所にあるそうです・・・って、地名言われてもサッパリわからんがな。


まとめると、アンビッシュ国の、アンデラ城の東のイグニスに、「炎のシャリネ」があるそうです。しかし、こんな聞いた事もないような地名・国名覚えられますかいな。まあ、覚えておかなくてもこのゲーム一本道だから特に問題はないとは思うが・・・。

テグラの村に戻る事にします。

テグラ

ケビンじいさんは、ガルガに息子を殺されてしまったそうです。ローディは孫で、親の仇を討つために出ていったそうです。


泥炭の沼で宝石を取ってきて欲しいと言われます。


クリスが宝石を取ってくると言います。


ただし、泥炭に長く着け過ぎた宝石は、ちょっとの衝撃で爆発するから気をつけろと言います。宝石が爆発・・・・、ああ、さっきのガルガ+宝石の映像は、つまりガルガを宝石を使って倒せと言う事・・・かな?

ついでに、この14歳にして女の子と二人で旅をしているジュリオも爆発しちゃえばいいのに。

テグラの炭坑

いきなり「うぎゃあああああ」という声がします、が・・・・


冗談だそうです。




エレベーターで下に降ります。なぜかエレベーターの時だけ二人が分離します。しかしながら、たまにはクリスの二頭身キャラも見たいので嬉しかったりします。ここんとこ全然戦闘シーンもないし。


大きくなった宝石は爆発するかもしれないと言われます。


宝石を見つけます。


爆発する奴の場所はライトのすぐ左ですので、覚えておきます。


宝石を3つ見つけた直後に地震が発生して、出口がふさがってしまいました。


生き埋めになってしまいました。


鉱夫は、他に出口はないと言います。


大きくなり過ぎた宝石をぶつけて爆発させろと言います。




なんだ、てっきり鏡の予言通り宝石でガルガを倒すのに使うんだと思ったら・・・。いや、まて、後でガルガを倒すのにも使うのかもしれんぞ。

大きい宝石を投げつけます。ボンバーマンかな?


落盤がなくなりました。


しかし、爆発の影響で他の道がふさがってしまいました。


このままここで救助を待つか。しかし、この落盤を取り除くのに何日もかかりそう。


それとも、上からボウリングで穴をあけて、中から脱出カプセルを通して、最後に「チチチ、リリリ、チリの鉱山バンザイ」ってみんなで合唱するとか(・・・って、何の話だ、何の)

天井から砂が落ちています。


ここの砂が落ちている所をこじ開ければ上に行けるかも!?という話になります。


一番軽いクリスが登る事になりますが・・・

「見えた」「見ないでよ」「いいから早く天井調べてよ、重いんだから」とか言って、クリスがなかなか上に進みません。実況民かお前は。

いやまて、この二頭身キャラを正面から見る限り、スカートじゃなくてズボンに見えるけど。マニュアルのイラストだって、どう見ても短パン履いてるではないか。


しかし、表紙のイラストだとスカートだよなぁ。他機種版のアイコンも表紙のイラストに準じてスカートに見えるし、どっちが正しいんでしょう。つか、自分達が助かるか助からないかという時に、見えたとか見ないでとか言ってる場合かよ。

天井に穴が空いて、クリスが上の階に入ります。


クリスが上からロープをおろします。


なんとか助かります。


宝石をケビンじいさんに渡すと、お礼に宝石1つと100ピアをもらいます。


港で、さっき船に乗せると約束した親子と合流します。


親子は大陸で暮らす事になりました。


出航します。


トバイさんのおかげで航海は楽しいうちに進んだ。

とんがり岬

タラッタ号は港ではなく、がけ崩れで通れなかった場所の反対側にあるとんがり岬に到着。二人はマストをよじ登って船を降りる事に。


途中で商人ががけ崩れで通れなくて困っています。炎の短剣を買います。


しかしその先で、フォールワシに突進されてクリスがすぐ死んじゃうし、ジュリオの剣ではフォールワシに届かないし、ここへ来て手詰まりかな?


普通のRPGならこういう時は雑魚を倒してレベルを上げるのだが、このゲームでは戦闘はシナリオ上決まった所でしか出ないから、雑魚を倒してレベルを上げられないし、困ったな。今までずっと戦闘をデフォルトのままにしておいたツケが回ってきたかも。

というわけで、戦闘設定をいじってみます。


ううむ・・・、

サッパリわからん


そこでマニュアルを見ます・・・

・・・が、マニュアルを見てもよくわかりません。

真木博士「マニュアルに書いてあったはずですが?」
俺「マニュアルとか苦手でさあ」


マニュアルの説明を簡素化すると、こんな感じでしょうか。

攻撃 回復 待機
敵に接近する
敵と中距離を保つ
敵と遠距離を保つ

横軸

の意味は、HPの残りがなんパーセントかによって行動を変えられるという事でしょうかね。例えばクリスの場合、HPの残りが50%を切ったら回復に専念するという感じで。ただし、ジュリオのような飛び道具を使えない上に回復呪文も使えないキャラは、[1]の常時で良いでしょう。

あと、とかみたいに1つのアイコンに行動が2つ書いてある場合は、VPが多いときは接近、VPが少なくなった時は後方で防御、もしくは後方で回復呪文を使うという事で。

ただ、どうせHPの残量によって行動を変えられるんだから、その上さらにVPによって1つのアイコンで2通りの行動を表すのは、いくらなんでも複雑になりすぎるような気がします。そもそもVPっていうステータス必要だったんでしょうか?

そこで検索すると、出てきたのはファルコムの公式サイト。それによると、フォールワシはジュリオの剣は届かないし、どんなに距離を置いても上空から突進してくるので、後方待機は意味がないそうです。クリスの行動を、HPが多い時は接近&攻撃、HPが少なくなったら接近&回復に設定するのが良いようです。

チッタ

ようやくフォールワシを倒してチッタに到着しました。

入口で怪しげな4人組がいます。


村長はガルガのおかげで避難民が大勢来て大儲けだと言っています。クリスがそれを咎めると、では避難してきた人は宿代を半額にすると言います。結局お金は取るようです。


村の北東で一人で座ってる男がいるそうです。


男は仲間からはぐれてしまったそうです。お腹を空かせているようなので、乾燥麦をあげます。


その後、チッタから出ようとしますが、兵士が通してくれません。


アルフさんにその事を話すと、アルフさんが交渉してくれるそうです。


ここでアルフがパーティに加わります。


アルフと3人で村の出口に来ましたが、まだ通してくれません。


アルフは兵士に何かを見せます。すると通してもらえます。「この印籠が目にはいらぬか!」みたいな!?

ネルバ

ここもガルガに荒らされています。


ノルディック王がテュエールに向かったと言います。


しかしその影響で街道が通行止めにさせられています。


王様がテュエールに着くまで通れないそうです。


ここも白き魔女の予言があったそうですが、結局無駄にしてしまったようです。


この家は白き魔女に教わった呪文で無事だったそうです。


兵士たちが復興作業をしています。


白き魔女は預言者だったと言います。


ローディが船に乗って出発するところでした。またしてもすれ違いになったようです。


白き魔女は、アンビッシュ国にも同様の予言を残したそうです。つまり、ガルガが次に襲うのはアンビッシュ国のようです。


ここまでフラグを立てると通行止めが解除されて通れるようになります。

トパーズ海岸

ローディの船が壊れています。


モンスターに荷物を奪われたローディが戦っています。


ローティを仲間に誘いますが、一人で行動するのが好きという事で断られてしまいます。


しかし、クリスとアルフが熱心に勧誘すると、「足手まといになったら置いていくからな」という事でローディがパーティに加わります。

テュエール

ジェネ婆さんが白き魔女の言葉を聞いたそうで、まずはジェネ婆さんを探す事にします。


しかし、ジェネ婆さんは港の方に行っていて不在。もしかして先に進まないといけないのでは?と思ったら、先に進もうとしてもローディに止められてしまいます。

テュエールでフラグを全部立てないと先に進めないようです。

サントスという人物がガルガを見たそうです。


しかし、サントスなんてどこにもいないし。ここへ来て手詰まりか?と思ったら何の事はない。一箇所狭い家みたいな所から上の地域(港)に行けたのでした。

サントスの話では、ガルガは今疲れて眠っているそうで。ガルガは一度眠ると5日〜10日は眠り続けるそうです。しかし、眠っている所を下手に攻撃して暴れてしまうと危険なので、今は手を出せないそうです。


と、ここまで話が進むと、ようやくジェネ婆さんが家に戻っています。白き魔女の名前はゲルド。本当はもっと長い名前なんだけど、略してゲルドだそうです。


ゲルドの予言によると、ガルガと戦うのは不可能。唯一できる事は、灯りの道を作り道を指し示す事。


灯りの道・・・つまり、ガルガは光で誘導できるらしい。セルリアンかな?


アルフは、ノルディック王に言って松明を用意させると言います。


アルフが王の側近達と交渉します。


ノルディック王はボルトの海岸を覆うだけの松明を用意する事を承諾したそうです。


その後、4人は少しだけ仮眠を取るつもりだったが、よっぽど疲れていたのか、ジュリオ・クリス・ローディの3人はぐっすり眠ってしまい・・・


3人が寝ている頃、モリスンがアルフを迎えに来ます。


アルフは指輪を置いて去っていきました。


3人が目覚めると、アルフの姿はなく、大きい船がアルフを迎えに来ていたそうです。

双竜谷

戦闘の後、ローディにジュリオの戦い方がなってないと言われます。


また、クリスも回復呪文を使うタイミングが悪いと言われます。しかし、二人とも返事だけは良いようです。


関所で老人が足止めされています。いつもカジノで大損をしているので通せないと言っています。しかし、このまま老人を一人で帰すわけにもいかないので、しぶしぶジュリオ達がダイスまで連れていく事にします。


ルーレが半ば強引に加わります。


ルーレは接近戦はできそうもないので、クリスと同じ後方支援って事にしておきます。


ガルガが寝ている間にボルトへの先回りをはかるジュリオ達。はたしてジュリオ達はガルガをうまく誘導できるでしょうか?


第一章完。これまでの冒険が二頭身キャラで紹介されます。

スポンサーリンク