このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

序章 小さな巡礼者

ラグピック村

ジュリオ(主人公=プレイヤー)の父から、自分の門出を祝う料理の獲物ぐらい自分で取ってこいと言われます。


まだ村から出ることはできないようです。


西ヶ原・・ではなく(それは南北線)、西の原に行くとイノシシと戦闘になります。しかし、プレイヤーに何もする事はありません。ただ見てるだけです。


家に戻ると、大イノシシ以外は認められないと言われます。


もう1回西の原に戻ると、クリス(ヒロイン=二人目プレイヤー)が大イノシシに襲われています。


大イノシシを倒します。ここでもプレイヤーは見てるだけです。


家に戻ると父から褒めてもらえます。


1日目はこれで終わりです。翌朝、巡業・・・じゃなかった、巡礼に出る日の朝、クリスが迎えに来ます。村長の家に行きます。

ディーネのシャリネに行った後、オルドスを目指すのじゃ、と言われます・・・・が、デューネって何?シャリネって何?オルドスって何??って感じです。最初は地名や国名や専門用語は読み飛ばしても問題ないようです。

道中、銀の短剣を見せれば旅費も食費も全部タダと言われます。

吟遊詩人と名乗る女性がいますが、相棒の男性が銀の短剣を奪って逃げてきます。


ああ、わかった。ここで巡礼は中止で銀の短剣を奪回するクエストが始まるわけだな。旅費も宿泊費もタダじゃなくなって、自分でモンスターを倒して稼がないといけなくて、この二人が実は大窃盗団のメンバーで窃盗団との壮絶なる戦いが始まって・・・・

と思ったら、ラップじいさんの前で銀の短剣を落として逃げていきました。

ラップじいさんは、隙を見てとっさに奪ったと言いますが、どうも単なる偶然のようです。

なので、予定通り巡礼に出る事に。中止にならんのか。


ディーネは水晶湖の橋を越えた所にあると言われます。だから、ディーネって何?


ああ、なるほど、今までセリフばっかりで全然操作する事がなくて、戦闘も見てるだけだったのは、これがプロローグだったからか。いや〜長いプロローグだった。で、この後一章が始まるわけですな。

水晶湖

というわけで、ここから第一章・・・かと持ったら、え?まだ序章でした。えー、いつまで序章なわけ??

ディーネは橋を越えた所にある・・・って、橋が壊れてるんですが、それは・・・・。


下の道を行けと言われ、下の道を行くと洞窟に続いています。

洞窟内でモンスターとエンカウントしますが、見てるだけで勝手に戦って勝手に勝利します。

橋の反対側に出ました。湖の下をくぐった感じですね。

ディーネ

二人はシャリネに案内されます。ああ、シャリネってこの鏡がある所の事を言うのか。

他の人は魔法の鏡からは綺麗な景色が見えるはずと言っていたのですが、二人が見たのは不気味な光景でした。


ラグーナからメナードに渡りネガル島を目指しなさいと言われます。だから、地名を言われてもサッパリわかりませんがな。


さっきの橋は修理されています。どうやら行きに洞窟を通らせたのは、プレイヤーに戦闘シーンに慣れさせるためのものだったようです。

ラグーナ

船が到着して乗客が降りてきました。しかし、クリスがいません。どうやら降りてきた乗客と一緒にどっかに行ってしまったようです。


探してほしくて隠れてるんじゃないかと言われます。


街の人に話を聞いてごらん、と言われます。


しかし、全員と話をしても進みません。なんか見落としてるのかなぁ・・・。
・・・・・
(考え中)
・・・・・

ああ、わかった。お店だ。お店に行ってないんだ。「どうせお店なんて同じ事しか言わないだろう」なんて先入観がありますからな。しかし、ドラゴンスレイヤー英雄伝説の時も、お店の主人と話して話が進むなんて事よくありましたし・・・。ファルコムのゲームならそういうシナリオもあるはずでしょう。

というわけで武器屋で話をすると、物置の前で「泣き虫ジュリオ」という合言葉を言えと言われます。


というわけで、合言葉を言うと・・・


クリスに「声が小さい」と言われます。


クリスは脱走兵をかくまっていたようです。


クリスに薬を買ってくるように言われます。


風邪薬を買います。え?ケガしてるんじゃないの!?薬草とかじゃなくて??


帰りに、兵士に脱走兵を見なかったか?って言われます。


風邪薬を渡します。すっかり良くなったそうです・・・って、風邪薬で良かったのか。てっきり「なんでこんなもん買ってくるのよ!」って怒られるのかと思った。


そもそも風邪薬って症状が緩和されるだけで、飲んだからって元気になったりしないと思うんだけど・・・。しかし、RPGの世界では薬草でケガが一瞬で治る世界だから、ウィルスも薬で一発で治るのかもしれん。

そのイベントが終わると、ようやく出航の時間になります。



てっきり兵士に尾行されていて、脱走兵をかくまった罪で逮捕されて、脱走兵の仲間が助けに来て、そのまま傭兵になって戦いに巻き込まれていく・・・のかと思ったのですが、全然違いましたね。

ちなみに、後でピンチの時にこの兵士が助けに来るのかと思いきや、この後二度と出てきませんでした。

鷹の爪号1日目

銀の短剣を見せると運賃も食事もタダになります・・・・が、男は清掃、女は炊事と洗濯をしないといけないそうです。

なるほど、銀の短剣を見せるとタダになる(働かなくて良いとは言ってない)って事か。

船長に「働かざるもの食うべからず」と言われます。私にとっては耳の痛い話です。


クリスに新婚旅行みたいねって言われ顔を赤らめるジュリオ。


いや、ちょっと待て。部屋同じなのかよ。ベッドも隣だし。若い男女が二人っきりで旅に出る事自体ケシカランのに、部屋が同じとか。おまけに、小学生ぐらいならともかく14歳と15歳、新婚旅行みたいと言われて赤くなる=相手を異性として意識してるって事ではないか。

まあ、このゲームはプレイヤーにそういうオイシイ(?)シチュエーションを疑似体験させるフィクションって事でなんとか。この後二人があんな事やこんな事をして・・・などという妄想は薄い本にまかせておきましょう。

最初に出てきた泥棒二人組が乗船してきます。


泥棒が部屋をあらして短剣を探していますが、短剣は肌見離さず持っているのでありません。


まあ、普通RPGでは装備は常時(寝る時も?)装備したままですし・・・・。

ジュリオは掃除をさせられます。これが、本当に全部屋(空き部屋も)掃除しないとフラグが立ちません。それにしても、掃除といってもハタキでホコリを叩くだけな気もしなくもない。


全部屋掃除が終わるとようやく話が進み、食事の時間になります。


この後部屋に戻り本棚からエロい本を見ていると、そこへクリスが戻ってきて寝る事になります。いや、しかし、エロい本を見た直後に女の子の隣で寝られるかよ。弄内洋太君状態になっちゃうぞ。

鷹の爪号2日目

翌日クリスに洗濯するから下着を出すように言われますが、ジュリオは逃げ回ります。なんで逃げるかは本編で言及されてませんが・・・。要するにヌルヌルになっちゃったわけですな。そりゃ寝る前にエロい本なんか見るから・・・。


その後甲板を掃除します。


甲板の掃除が終わるとクリスの様子を見に行きます。洗濯物どうやって干すのかしら?って話になって、ボスレイさんがマストによじ登ってロープ伝いに洗濯物をかけていきます。




甲板の掃除が終わって、次に何をすれば良いかと聞くと、とりあえずここではもう仕事がないので、船長に何かやる事はないか聞いてくれと言われます。

しかし船長はいません。


全員と話をしないとフラグが立ちません。


全員と話をした後、ここで船長の事を聞くと、セリフが「この階段を降りていった」から、「そこの扉から出ていった」に変わります。


最後尾に船長がいます。何か仕事がないかと尋ねると、ではここで見張りをしてくれと言われます。


見張りが仕事なので、ここで動かずじっとしてないと話が進みません。


するとクリスが戻ってきて、ボスレイさんみたいにかっこよく洗濯物を取り込むと言います。





この時のクリスの動きがとってもかわいい。

英雄伝説IIIというから、てっきり英雄伝説I・IIみたいにモンスターを倒しまくってレベルをあげて、最後に魔王を倒して世界を救うゲームなんだとばっかり思っていたが、もしかしてこのゲーム、クリスの二頭身キャラを見て萌えるゲームだったのかも!?

船長から、新婚夫婦の時計とガウンが盗まれたと言われます。


見張りの後で捜査してくれないかと言われます。


というわけで、ここからは犯人探しのクエストです。


台所の魚もなくなっています。

ここからはクリスもパーティに加わります。(移動中の画面は一人だけです)

部屋に銀の短剣を置いていくかと聞かれますが、盗まれるといけないので持っておくと言います。そりゃ、隣に泥棒がいますからな。


ヘストンさんがバッグにさわるなと言います。あやしい・・・


船倉が生臭いと言われます。


と、ここで密航者が・・・。密航者はクリスの伯父のハックでした。ハックは船長室まで連行されます。


船長室にある手配書を見ます。窃盗犯A-14号は睡眠薬を使うそうです。


隣の部屋にいる、部屋から出てこない客があやしいという話になり、隣の部屋に行きますが、船酔いして出られないと言われます。

船倉に船酔いの薬を取りに行きます。途中で大ネズミとの戦闘になりますが、例によって見てるだけでプレイヤーは何もできません。どうもこのゲーム、戦闘シーンが見てるだけで何もできないようです。

酔い止めの薬を取ります。


戻ってくると、船員は全て寝ています。


船長も寝ています。


他の客もみんな寝ています。


これまでの経緯から、犯人は誰かという話になります。


犯人の目的は?

鷹の爪号を乗っ取る事・・・・0点
お客の持ち物を盗む事・・・100点
世界征服・・・・0点
現段階ではノーコメント・・・・0点
記者会見で0点があった模様です。ゲームオーバー・・・・・って、そりゃ探偵団Xか。

どうやってみんなを眠らせた?


犯人は誰?


ここで、名前だけ出されてもさっぱりわからないのですが、ちゃんと「密航したおじさん」「新婚夫婦の」「お金持ちの」って出るのがいいですね。登場人物の名前なんて覚えてませんからね。この辺はさすがファルコムだなーと思いました。

ここで間違えるとマゴマゴ賞・・・って、そりゃマゴベエ探偵団か。じゃなくて、間違えると最初の質問からやり直しになるだけです。ゲームオーバーになったりはしません。また、どこが間違っているのかクリスから指摘されるので、何度もやっていればそのうち当たるでしょう。

犯人を当てると話が進みます。あやうく逃げられそうになりますが、グースとシャーラがヘストンさんが盗んだものを横取りしようとします。

ヘストンさんは何も奪えず海に飛び込んで逃げます。

その後、しばらくグースとシャーラとの追いかけっこになりますが、そのうち船を誰も操舵してない事に気づきます。このままでは船は航路を外れてどこに着くかわからなくなると。

ハックおじさんを呼んできて、船の方向をなんとか制御してもらいます。ジュリオとクリス、グースとシャーラが協力して帆を張ります。


一夜明けて、船長たちが目を覚まして戻ってくると、ジュリオ達は疲れて寝ていました。


どうでもいいけど、寝てる二頭身のクリスがめっちゃかわいい。


やっぱり、このゲームはモンスターを倒してレベルを上げて・・・というキャラをレベルアップを楽しむゲームではない。クリスの二頭身キャラを見て萌えるゲームだったようだ。

でも、こういうのって下手にこれ以上高解像、フルカラーにしない方がいいよね。これ以上解像度が高くなってフルカラーでデフォルメ度の下がったアイコンだと、かえって可愛くないかもしれん。実際、Windows版のソーサリアンの女性キャラのアイコンが全然可愛くなかったりするし。

気がつくと二人は部屋にいました。船員達が部屋まで運んでくれたようです。どうでもいいけど、お前らもう少し離れろ。


グースとシャーラは、船が港に着くとすぐに逃げていったそうです。しかし盗品は全て取り返せたので不問とします。船長からこれまでの労働の報酬として200ピアをもらいます。


で、ようやく序章が終わり。

・・・え?まだ序章?

いつまで序章なのこれ。つか、このゲームいつ終わるんでしょうorz。

ニーリ

この町では困っている人を見るとみんなで手を貸そうとするそうです。


コック長に話を聞くと、水夫のナイフをもらえます。


人とぶつかったはずみで銀の短剣を落としてしまいます。


川が深くてこれ以上は進めません。


すると、町中から人が集まってきて、総出で探してくれます。


銀の短剣を見つけます。


ははーん、さてはこれで多額のお礼を要求されて、ここからは高価な宝石を探すクエストに・・・・

・・・ってあれ?


これで終わりかよ!

てっきりこの町は「ディエンドの世界」みたいに、人に親切にする事を強要された世界で、今度は不作で困っている町の人を助けないと先に進めないとかだと思ったのに。

アルデ

このゲームでは、英雄伝説Iみたいなだだっ広いフィールドから目的地を探すのではなく、道しか歩けないようになっているし、その道も一本道なので、次の町まで迷う事はまずありません。

途中で戦闘が何回か発生しますが、相変わらずプレイヤーは「みーてーるーだーけー」です。やっぱりこのゲーム、RPGというより「電子紙芝居」と言ったほうがいいでしょう。

がけ崩れでチッタへ行けないそうです。


アザラシが住み着いていて船が出せないそうです。


船着き場にはアザラシがいて近づけません。


がけ崩れの現場でミゲルじいさんが立ち往生しています。


漁師トバイさんに知らせます。


トバイさんがミゲルじいさんをおぶって帰ります。トバイさんが船を出してくれる事になります。


しかし、アザラシがいて船に近づけません。


アザラシの餌でもあれば・・・


と、ちょうど都合よく行商人がアザラシの餌を持っています。


アザラシの餌を海に投げて、その隙に船に乗ります。

タラッタ号

タラッタ号はべつに変な名前ではないそうです。


キャプテン・トーマスの本を読みます。


長いので[ESC]キーで飛ばします。というか、「システム」メニューでメッセージを「速い」に設定しておくべきでしょう。


樽を見てハックおじさんを思い出します。


クリスの好きな場所はマストの上だという話を聞きます。


大きなコブのようなものが海に浮いています。あれは・・・!?


と、ここで突然序章終了。

てっきり切りが良い所で章が終わるのかと思いきや、続きが気になる所で終わりとは。

確かに、序章がここまで長いと、切りの良い所で章が終わるとそこでゲームそのものをやめてしまう人がいるかもしれませんね。

この後、長かった序章のダイジェスト。これまで二人が移動してきた道のりが紹介されます。

この時のBGMが素晴らしい。この曲を好きな時に何度も聞きたくて、思わずサントラCDを買ってしまった。

いや〜長かった。これでめでたしめでたし・・・
ではない!
これでやっと序章終了。

ちなみにこの後に2章〜7章があって、さらに後に終章まであるのです。しょえーーーー

スポンサーリンク