このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

第二章 英雄たちの行方

セリオス救出作戦1

ここからしばらくは地下世界の探索になります。地下世界にはところどころランプが落ちているので拾っていきましょう。ランプはたいまつ2つ分の明るさを持ち、たいまつより持続時間が長いため、地下世界ではほぼ必須のアイテムとなります。

買い物に行くにしても、すぐにワプで抜けずにイシュタに入ってからにしましょう。でないと、またドレイクにプアゾの箱を止めてもらわないといけなくなるので面倒です。

洞窟内をある程度進むと、老人から戦士の笛を取ってきてほしいと頼まれます。


老人の言う通りこの通路を右に曲がって道なりにいくと湖があり、そこのモンスターは気泡につつまれており、そのままでは通常攻撃が効きません。フローラにいかづちの杖を持たせておき、イグナで気泡を割ってから攻撃します。

気泡に包まれた状態でも攻撃呪文は効くのですが、対グロッグガード用に攻撃呪文はプアゾばかりになっていると思いますので、フラムやヒュールに戻しておきましょう。

戦士の笛を取ってくると、さっきの老人はもうそこにはおらず、そのままイシュタの村に入ります。そこで、老人に変装していたのはレイシアという女性だった事がわかります。そして、レジスタンスのリーダーと話をします。

ここでは皇帝と名乗る人物が地下世界を支配しているという話を聞きます。そして、セリオス達は皇帝に捕まってしまったという。そこで、現在はセリオス達を救出するために作戦を立てているという話です。

北の出口から出ようとすると、ちょうど偵察が戻ってきます。そこでリーダーの所に行くと、今から救出作戦を開始すると言われます。アトラス達はレイシアと共に城に向かいます。まずはアフルを目指しましょう。

アフルからはレイシアと共にグロストス城に潜入するわけですが、アトラスは金網を踏んで大きな音を立ててしまいガードに見つかってしまいます。そして作戦は中止となり、撤退を余儀なくされます。


ちなみに、道を誤ったのではないか、とか、キーを少しずつ押せばよかったのでは、とか思ってはいけません。どう操作しても、どの道を行っても金網で大きい音を立てて作戦失敗となります。ここは、そういうシナリオですので、素直に撤退しましょう。

落盤の除去〜イズー

作戦は失敗となり、次の作戦を練る事になります。

しかし、レイシアはアトラスたちのせいにはしませんでした。

レイシアはその後戦士の墓に行きます。アトラスたちはレイシアを追って戦士の墓に行きます。そこでレイシアから、イズーからなら城に入れるという話を聞きます。しかし、イズーには落盤があって通れないと。

ここはまず落盤の場所を確認します。


1では国境の洞窟の落盤を壊すのに、海賊島に行ってお酒と交換に爆薬をもらいましたが、2でも同様にボワード海運に行って爆薬をもらいます。しかし、2ではそこらで売ってるような酒ではなく、珍しい酒でなければダメだと言われます。

このように、英雄伝説IIは1を持ってないとプレイできないわけではないのですが、1をプレイしてないとちょっと難しいだろうなーという謎解きが何箇所かあります。

イシュタで、住民にアフルにいるバーベイという男の作った酒が好きだったという話を聞きます。
アフルで、バーベイと話してお酒をゆずってくれるように頼みますが、材料のキノコの王様がないので作れないと言われます。
アトラス達は、アネスの塔に行ってキノコの王様を取ってくることになります。

アネスの塔には、モンスターの転送装置のようなものがあります。


しかし、アトラス達がモンスター転送装置から迷宮に通じる通路のドアを開けてしまったために、以降は地上にモンスターは転送されずにイシュタ〜アフルの通路にモンスターが出没するようになります。かといって、シナリオの都合上キノコの王様を取らないと話が先に進まないので仕方ありません。

ランドーは「モンスターなんかほっとけよ」って言いますけど、そのせいで地下の移動がこの後大変になります。(もっとも、最後まで地下にモンスターが一切いないんだとゲームバランス的に問題かも!?)ここはキノコの王様を取れば後は用はないので、すぐにワプでアフルに戻りましょう。

アフルに戻ると、モンスターが通路をウロついている事が問題になっています。しかし「モンスターはオレが村に入ってこないようにしているから心配するな」と言われます。っていうか、アトラス達のせいなんですけど・・・。

バーベイにキノコの王様を渡すと、宝箱に入っている最後の1本を持っていって良いと言われるので、宝箱から密造酒を取ります。ちなみに、密造酒は1のラム酒と同じ効果があり、気絶した仲間が体力満タンで復活するのでラスボス戦では欠かせません。しかし、終章では密造酒はお金で売ってくれるけど高くなってしまうので、2章の間に5本ぐらい取っておいて城の武器庫に預けておきましょう。(1つもらうごとに城に預けてこないと、バーベイにお酒をもらえない)

密造酒をボワードに渡すと爆薬がもらえます。という事は爆薬が複数個欲しい時は、キノコの王様→密造酒→爆薬とわらしべ長者をやらないといけないので、かなり面倒です。もっとも、シナリオ上必要なのは1個だけなのですが。

爆薬をセットすると落盤は取り除けますが、同時にモンスターも飛び出してきます。

これにより、イシュタ〜イズーの通路にもモンスターが出没するようになります。

ようやくイズーに着くと、最近町長が代わったという話を聞きます。なんでも、お金持ちのお年寄りとか。しかし、あいにく新しい町長は不在でした。とりあえず、ここから先はモンスターも強力になるので、イズー周辺で経験値稼ぎをしましょう。少なくとも全員に鋼の盾、3人に鉄球棍棒が装備できるまでお金を稼いでおきます。

道に迷っている4人組と会う

イズーから城までの途中にあるサピアの泉に行くと、ラルフ(ゲイル2世)が向こう岸に行けずに困っています。

浮いている木に乗ってみても、もう少しという所でこちらに戻ってきてしまいます。ここはいったんあきらめましょう。ただし、いったんサピアの泉に寄ると、そこがワプの翼のポイントに記録されるので、いったん買い物に戻る事ができるようになります。この辺に出没する「ブラムナドッグ」対策で、ホーやサイレスの呪文を用意しておくのも良いでしょう。

さらに先に行くと、道に迷っている4人組(男3人、女1人)がいます(※伏線)

4人のうちの誰かに話しかけておかないと、せっかくここまで来てもフラグが立たないので、一通り話を聞いておきます。

さらに先に行くと、ユイシスの町に出ます。


ユイシスの町は、地下世界の全ての地方と繋がっているだけでなく、グロストス城とも直結していて、地下世界の重要な拠点となっています。そのため、この町は厳重に管理され、入ってきた所からしか出られないように、入口で通行証をもらって通行証のある出口からしか出られないようになっています。まるで、マリンスタジアムの内野席〜外野席の入口みたいですね。

要するに、地下世界のレジスタンス同士が連絡を密にして反乱計画を立てられないように、地下世界をそれぞれの地方で分断してしまおうっていう事みたいです。地下世界にはワプの翼はないんでしょうね。

しかしユイシスの町にいるヤミ屋は強者の槍と鋼の鎧を売っているので、全員に装備をさせる事で2章の間はモンスターとの戦いを有利に進めることができます。

セリオス救出作戦2

イズーに戻ると、アトラス達はさっき道に迷っていた4人組と間違われて町長の家で仕事をさせられてしまいます。


町長のお使いで、グロストス城の正門前にいるナレサ隊長にギルモアの星を届ける事になります。ギルモアの星・・・つまり、リュナンが持っていた光の剣の柄につける宝石です。なぜ町長がそれを持っているのでしょう?

とにかく、これはギルモアの星をナレサ隊長に届けるという口実で城に入るチャンスです。さっそくエリーサのところに制服をもらいにいきますが、あいにく制服のストックがありません。(というか、制服を着たアトラスのキャラを作ってないのかも!?)しかし、フローラの着ている服が制服に似ているという事で、フローラが話しかければ大丈夫という事です。

さっそくユイシスにワプの翼で行き、リーダーをフローラにして衛兵に話しかけます。すると、城に入れるようになります。城に入ったら、セリオス達の捕まっている部屋を目指しましょう。

ナレサ隊長にギルモアの星を渡すまではフローラをリーダーにしておきます。フローラのアイコンで移動するのは全体を通してここだけなのが残念ですね。セリオスを救出するとリーダーは自動的にアトラスに戻ります。

まあ、やろうと思えば「リーダー」コマンドでできなくもないのですが、ストーリー上あまり意味はないです。

ナレサ隊長は水路の前にいたガードを連れて行ってしまいます。その隙に水路を通ってセリオス達の捕まっている部屋を目指します。


前に音を立ててしまった金網を通るわけですが、今回は気づかれずに済みます。途中にいるガードマンとは戦闘になりますが、この時点での最高の装備(強者の槍、鋼の鎧、鋼の盾)があれば勝てるでしょう。

その先に行くと、セリオス達が拷問にかけられています。


ダリスと戦闘になります。ダリスは、気で首を絞める攻撃がやっかいです。リーフや気付けぐすりを多めに用意しておきましょう。プアゾが有効なので、プアゾで毒にしたら、あとはレス・リーフで回復させながら毒が回るのを待ちましょう。

ダリスを倒してセリオスの拘束をとくと、セリオスはその場で倒れてしまいます。そこにイズーの町長が来ます。アトラスはイズーの町長とともにセリオス達をルディア城まで運びます。イズーの町長は大盗賊ゲイルでした。大盗賊ゲイルは大地震の後、奈落の口から地底に入り地下世界を発見。地下世界で地上の食べ物を売っていたところ、儲かって儲かって気がついたらイズーの町長になっていたという事です。

この事態を知った皇帝は、今まで以上に大量のモンスターを地上へ転送せよと命じます。


そして地上では、竜の卵から大量のモンスターが発生し、地上はあっという間にモンスターだらけになっていました。

= 第二章 完 =
スポンサーリンク