このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

第一章 開かれた奈落

戦いの準備〜経験値稼ぎ

アトラスがルディア城に戻ると、既にセリオスはドラゴンに乗って出発した後でした。アトラスはセリオスの後を追っていくことにします。

ディーナから地下の武器庫から装備を持っていくようにいわれます。地下室に行くと2人分の装備が一通り揃っているので、それを取ります。


2人とも「小型の剣」「革の鎧」「革の盾」を装着します。序章で取られた「聖なる〜」よりはだいぶ落ちますけど、まあ仕方ないですね。シナリオが進めば装備は徐々に良くなりますので。

それと呪文ですが、今回は1とは違い賢者に教えてもらうのではなく、呪文の書からカプセルに呪文を写す事で使えるようになります。写し方は、呪文の書を「使う」コマンドで使ってください。すると、どのカプセルに移すかという選択になるのでカーソルで選択します。既に他の呪文が入っているカプセルに写した場合は上書きになります。

1では同じ呪文を2箇所以上に覚えさせるのは呪文のエリアの無駄だったのですが、2では1つのカプセルは1回の戦闘で1回しか呪文が使えないため、同じ呪文を複数のカプセルに覚えさせておけばそれだけ戦闘中に使える回数が増えます。

特にレスは頻繁に使うので、レスは多くのカプセルに覚えさせておきましょう。レスの書はルディア城の賢者からもらえます。レスの葉と間違ってレスの書を売ってしまうと、リシェールに着くまでレスの書が手に入らないので間違って売ってしまわないように注意してください。

この後はしばらく経験値稼ぎになります。ワプの翼で序章で行けた所がかなり行けなくなっていますが、これはモンスターに村や町が潰されてしまったためです。

2からは「あらわしの鈴」というアイテムはなくなり、最初からフィールド上のモンスターは見えています。


毒消し草が手に入る前に毒を受けてしまったら、すぐに逃げた方が良いです。このゲームでは戦闘が終了するとバッドステータスが全て回復するというぬるいルールなので、バッドステータスを回復する術がなくなったら逃げるという手もありです。
コラム レスの呪文をもったいないと思うな

1では呪文はMP制でしたので、大してケガしてないのにレスの呪文を使ってしまうとMPがもったいなかったのですが、2ではカプセル制となり、しかもレスの呪文は使ってもすぐに回復するため、1回の戦闘が終わったらこまめにレスの呪文を使ってパーティーを全快にしておきましょう。

フローラを仲間にする

リーゼルに着くと、セリオス達は今エリオン国王の所に行ったと言われます。

どんなに時間かけても、時間かけずにすぐワプの翼でここに来ても、セリオス達は「今出たところ」です。まあ、シナリオの都合上なんで仕方ないですね。

ヨルドに行くと、エリオン国王はセリオス達と共に出たところだと言われます。えー、ワプの翼でソッコーで来たのにんなアホな。


と、ここでネタばらし。実はセリオスとは最後まで行き違いにしかなりませんで、アトラス達がセリオスらのパーティーに合流することは最後までありません。

それとは別に、王家の墓の前でフローラの名前で登録されたワプの翼が落ちていたという話を聞きます。フローラは王家の墓に向かったようです。王家の墓は1でギルモアの星を取った場所ですね。

セレのジェラルドの別荘では、フローラが行方不明だと言って大騒ぎになっています。というわけで、王家の墓に行ってフローラを探すわけですが、その前にたいまつを用意しておきましょう。2では半分以上が地下の探索になりますので、たいまつやランプは頻繁に使う事になります。

王家の墓ではビジョーという敵がこちらに痛恨の一撃を与えるたびに拍手して仲間を褒め称えます。

ちなみに、1人しかいない時に痛恨の一撃を受けると一人で喜びます。

途中にある宝箱は罠なのですが、罠にはまらないとドラゴンの彫像が邪魔していて先に進めなかったりします。その奥に行くと、フローラがプルダームに襲われているので助けます。プルダームは、会心の一撃を加えると気絶してしまいます。

しかし、気絶している間に倒さないと、気絶している間に与えたダメージを倍にして返されてしまいます。気絶している間は、相手の体力が50以上ある時は攻撃しない方がいいみたいですね。

プルダームを倒すと、フローラが仲間に加わります。っていうか、プルダーム戦から加われよ、みたいな・・・・。


フローラは、デフォルトではレスとレジナを1つずつしか覚えてないので、レスの書、フラムの書、ヒュールの書で空いたカプセルに呪文を記憶させておきましょう。 フローラは物理攻撃は苦手ですが、INT値が高いので、呪文を使えばけっこう相手に大ダメージを与えられます。 また、装備が布の服だけなので、マシな防具を着せてあげましょう。 武器は炎の騎士から「炎の槍」を奪ってそれを持たせておく事で、非力さをある程度カバーできます。
コラム 世間知らずのお嬢様が勇者に!?

普通は 悪い環境で育ったせいで汚い日本語しか使えないし 世間もしらないひきこもりぎみのお嬢さんが危険な冒険に出るなんて不可能なのですが、RPGってのはどんなザコでも経験値さえ稼げば普通に強くなってしまうから便利なものです。

いや、でもこの冒険が終わる頃にはフローラも見違える程筋肉質で立派な皇太子妃となっている事でしょう。

シンディを仲間にする

セレにあるジェラルドの別荘に行くと、フローラを置いていくまで別荘から出られなくなってしまいます。


これはワプの翼が無制限に使えるルールでないと成立しないシナリオですな。1のルールだと、MPが足りなかったりワプの翼を持ってなかったリするとハマリになっちゃいますからな。でも、ロマンシアやXANADUの頃はそういう手詰まりが普通にあったりしました。ドラゴンスレイヤーシリーズも親切になったものです。

しかし、このままではヨルドの港にも、ラルファの砦にもフローラが指名手配になっていて、出国する事ができません。そこでワプの翼でボワード海運に行ってソルディス王国まで送ってもらいます。序章で必ず海賊島に行かないとイベントが発生しないようになっていたのもそのためですね。というように、2ではワプの翼がないと成立しないシナリオになっています。

ボワードには駆け落ちだと勘違いされてしまいますが、とにかくこれでソルディス王国に来る事ができました。ソルディス王国に出現するモンスターはヒュールが有効なので、フラムの入ったカプセルは全てヒュールに書き換えておきましょう。ただし、すぐにフラムに書き換えないといけないので(後述)フラムの書、ヒュールの書は常に持ち歩いておきましょう。

バズヌーン城に行くと、先のネタばらしでも言ったように、セリオスとはまた行き違いでした。


セリオス達はモレストン共和国に向かったそうで、アトラス達も後を追うことになります。モレストン共和国へは、ルドラの港から船で行けます。モレストン共和国にいるモンスターはフラム系が有効ですので、先ほどヒュールに上書きしたカプセルはフラムで上書きしておきましょう。また、鉄の鎧と鉄の盾を3人に装備させておかないと、かなり厳しいと思います。お金が足りない時はリシェールの港付近で戦ってお金を稼ぎましょう。鉄のシリーズを装備すると、モレストン共和国でも対等に戦えます。

ナスールの町に行くと、シンティが盗賊のドレイクと戦っています。

シンディはドレイクが禁則事項ですするのを見ていたので、ドレイクに何かを言いたかったのかもしれません。

ファエトの村に行くとシンディが仲間になります。


ナスールの町からファエトの村までは強敵が出現します。シンティなしではかなり苦しいので、敵はできる限り避けてなんとかファエトまで辿り着いてください。

シンディは最初何も呪文を覚えていません。しかし、シンディの攻撃呪文はほとんど効かないので、シンディはもっぱらレス、レジナ、リーフといった回復呪文係にしましょう。装備も布の服だけですので、ナスールのヤミ屋から鉄の○○シリーズを購入して装着させましょう。

奈落の口へ

コルクスの町に着くと、やはりセリオスとは行き違いになっていました。

作る方も、ここまでくるともうプレイヤーに予想されてると思ってるんでしょうな。ランドーのお察しの通りセリオスとは行き違いになっていました。セリオスはゲイル3世を迎えに来たそうですが、ファンガスの町はモンスターに破壊されてもうありません。盗賊たちはどこかに隠れているという事なのですが。

この後、1でゲイルが銀の笛を取ってくる試験をやらされた狼の口に向かいましょう。入口のドアは仕掛けを踏むと閉まってしまいますが、これも1と同じ方法で入れます。つまり、いったん地下を回り込むと、仕掛けの開く・閉じるの関係が逆になって入れるようになります。

狼の口では盗賊がいます。盗賊のドレイクが言うには、ゲイル3世はセリオスと共に奈落の口という洞窟に入っていったそうです。


ドレイクの話では、以前奈落の口からモンスターが5匹出てきたと言います。そのうち4匹は倒したが、残った一匹が反撃して仲間を殺されたと言います。その後、奈落の口からこれ以上モンスターが出てこないように「プアゾの箱」という毒の霧が出る箱を設置したと言います。

ドレイクがプアゾの箱を一定時間止めてくれるそうなので、奈落の口に入る事ができるようになります。このまま入っても良いのですが、その先にいるグロッグガードを倒せないとまたドレイクにプアゾの箱を止めてもらわないといけなくなり面倒です。グロッグガードを倒せるよう準備万端整えてから入りましょう。



まず装備は、現時点で地上で売ってる最高の装備(鉄の○○シリーズ)を全員に装備します。また、グロッグガードはレジナの呪文を1回しか使う事ができないため、プアゾをかけまくって2回毒にしてしまえばもう勝ったようなものです。グロッグガードは2人いますが、プアゾで1人を倒せば、あとは4対1で攻撃すれば勝てるでしょう。



グロッグガーはいかずちの杖を持っています。これはフローラに持たせておきます。でないと、この後すぐいかずちの杖がないと倒せない敵が出現します。

グロッグガードを倒すと、フローラは「もしかしてこの方たちは人間ではないでしょうか?」と言います。


しかし、ランドーは「モンスターに決まってるだろ」と言います。果たして、今倒したグロッグガードは人間だったのでしょうか?それともモンスターだったのでしょうか?

= 第一章 完 =
スポンサーリンク