このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

第三章 国王の証

準備

リーゼルのモブの兵士がよくしゃべるので話を聞いておいた方が良いです。モブのくせに意外と役に立つことを教えてくれます。リーゼルの町の武器屋で、はがねの○○シリーズをそろえましょう。3人装備がはがねの槍、はがねの鎧、はがねの盾にできるぐらいのお金はたまっていると思います。また、ワプの翼を買っておきましょう。

準備ができたらリーゼルで船に乗ります。途中に立ち寄ったラルファの砦でソニアが仲間になります。

コラム ソニアを事前に仲間にしてしまうとどうなるか

実は船が立ち寄る前に歩いてラルファの砦に行く事もできます。そこで前もってソニアを仲間にもできちゃいます。


しかし、そうすると船がラルファの砦に寄った時に何のイベントもなくなってしまうので、やめておいた方が良いでしょう。


でも、ストーリー上の仲間にするシーンの前に仲間にできちゃうところが、このゲームらしくて良いですね。大抵のゲームでは、そういう矛盾が起きないようにイベント〜イベント間の移動は制限されるというか、主人公が町の外に出れなくしちゃうものなんですけど、そうすると遊んでていかにも一本道アドベンチャーをやらされているっていう気分になっちゃいます。

歩いてラルファの砦に行くと、合鍵屋だったところが宝くじ屋さんに鞍替えしていて「必ず当たる宝くじ」というアイテムをもらう事ができます。自由度が高く、イベントの終わった町にもこういう隠し要素があるのが、このゲームの面白い所ですね。

海賊島〜スエル

いきなり海賊が襲ってきます。ここはもう降伏するしかありません。


ちなみに、降伏しないでずっと「いいえ」を選択し続けていると、最初は「強引な奴だな、抵抗しても無駄だ」「いい加減にしろ!」と強気な態度に出ているのですが、それでも降伏しないと「お願いします。降伏してください。でないと親分に殴られちゃうんです」と下手に出てきます。

仕方がないので降伏してあげます。すると、海賊島に連れていかれます。いったんは牢屋に入れられてしまうのですが、海賊の船長がゲイルと知り合いで釈放してもらます。そして、船でラヌーラ王国まで送ってくれると言います。



スエルのアジトに到着します。


この場所は1では海側から来るので良いのですが、2ではこの場所を覚えておかないと序章でイベントが発生しなくて困る事になります。町の入口からはちょっと入り組んだ場所にあるので、2をプレイする前にここを覚えておきましょう。

村民と話をして、政治に対する不満を聞きます。なんでも、この国は3兄弟が治めていたのですが、長男はモンスターが襲ってきた時にまっさきに逃亡してしまい、次男は税率を上げるだけ上げて、税金が払えない者からは船を取り上げるなどやりたい放題だそうです。三男は立派なお方だったのに、現在は行方不明になっているそうです。

ここから先は強敵が出現します。まずはこの近辺でレベルを上げて起きましょう。

ヨルドの港を開放

アムダの村でフラート王と話をすると、リュナンの本名はエリオンで、国王3兄弟の三男だと判明します。フラートからヨルドの港にいるモンスターを退治しろと言われてしまいます。


ヨルドの港に行くと、聖域でモンスター(カミナリグイ)が集まっています。聖域に入っていくカミナリグイは電気を帯びていないのですが、聖域から出てきたモンスターは電気を帯びています。どうも聖域で電気の充電をしているようです。住民は、バーバラ様なら聖域のエネルギーを止めてくれると言われます。

ヨルドの港で賢者からワプ2を教えてもらいましょう。ここからはフラグ立てのためにワプ2が頻繁に必要になります。

バーバラの家に行くと、竜の卵に入ってヨシュア様に力(電波?)の送信を止めてもらわねばならないと言われます。しかし、竜の卵の中に入るための竜の涙をジェルマンに税金がわりだと取られてしまったと言われます。


ナッシュの町にいるシェルマンにリュナンが説教して今まで税として取り上げた品物を返すように言います。


バーバラの家に行き、一緒に竜の卵の中に入ります。(竜の卵とは何かについては2で明らかになります。)これでヨシュアから電波が送信されなくなるので、ヨルドにモンスターが集まらなくなります。


ヨルド付近でレベルをあげて、全員の装備を「水晶の槍」「水晶の盾」にします。(水晶の杖と間違えないように) ヨルド近辺のモンスターはヒュールが有効なので、ナッシュの町でヒュール3を全員に覚えさせておくと便利です。また、毒をはくやつが多くいるので、ルディアで全員にレジナ1を覚えさせておいた方がいいです。

黄金の鍵を入手

アムダの村に行くと、フラートがモンスターに連れ去らたと言われます。ギルモアの星と人質を交換だと言われます。しかし、ギルモアの星は王家の墓にあり、黄金の鍵がないと取れないし、黄金の鍵は何者かに盗まれてしまったそうです。


ゲイルは、ボワード海賊団の仕業に違いないと言います。そこで、海賊島に行くと、たしかに盗んだが、鍵には興味がないので、海に捨てたと言われます。


ここから先は、「ソーサリアンする」必要があります。「ソーサリアンする」とは、あちこちの町や村と行ったり来たりしてフラグを立てる作業の事です。しかし、このゲームはソーサリアンとは違いワプ2の呪文が使えるので、フラグ立ての作業も比較的楽です。

ヨルドで、漁師から税として取り上げられていた船が戻って来たという話を聞きます。


スエルで、漁師から税として取り上げられていた船が戻って来たという話を聞きます。
ヨルドで漁師の妻が、夫が今漁に出ていると言います。

ただし、他のリアクションを一通り出しておかないとフラグが立たず、夫が漁に出てない場合があるので、その場合は
・ヨルドの聖域に一度は入っておく
・ヨルドから定期便で一度はラルファの砦にも行っておく。
という作業をしておきます。同様に、町民、村人のモブ達とも一通り話をしておきましょう。

スエルで、漁師からヨルドの魚師が大きいシーラスを捕まえているのを見たという話を聞きます。
ヨルドで、漁師からシーラスの腹から黄金の鍵が出てきたという話を聞きます。ここでリュナンが、それは王家のものだから返してほしいと頼むのですが、王家のものだという証拠がないと言われます。


そういえば、黄金の鍵にはまっていた王家の紋章の入った宝石がなくなっています。そこで海賊島でボワードに「鍵に何かついていたはずだ」と問い詰めますが、シラをきられてしまいます。

海賊島の階段を下りると、船員が船長に八つ当たりされて殴られます。あまりワプでばかり移動していると、このイベントに気づかないと思います。殴られた船員をソニアが介抱すると、船員は船長のお袋さんミラルダの話をしてくれます。船長はミラルダには頭が上がらないとか。


ミラルダの家に行って、ワプの翼を渡します。(なければリーゼルで買っておきましょう)


ミラルダはワプの翼で海賊島へ行き、ボワードを叱りつけます。そして、宝石を返してもらえます。
ヨルドで、漁師に黄金の鍵に王家の紋章の入った宝石をはめて見せると、黄金の鍵を返してもらえます。
王家の墓に行き、黄金の鍵を使って扉を開け、ギルモアの星を取ります。
セリスの城はモンスターに占領されています。ギルモアの星を持っていると、モンスターはよけてくれます。


城にはギュリゲスがいます。

ギュリゲスは、人質はギルモアの星と引き換えだと言いますが、リュナンはギルモアの星をギュリゲスに投げつけてバウンドしたところをフラートが拾って逃げていきます。そして、ギュリゲスと戦いになります。

ギュリゲスはレス4を使って手下のダメージをすぐに回復させてしまうのですが、パペピアを使うと間違えてこちらのキャラクターをレス4で回復させてくれる場合があり、戦いを有利にすすめることができます。(ちなみに、シレントやホーは効きません)

ギュリゲスを倒し、モンスターからセリスの城を奪還します。

= 第三章完 =
スポンサーリンク