このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

ドラゴンクエスト2 TOP

「ドラゴンクエスト2 悪霊の神々」とは? 


前作「ドラゴンクエスト」がゆう坊の心配とは裏腹に(?)大ヒットしたので、調子に乗って(まて)第二弾を出してしまったのがこのゲームです。マップは前作のなんと?倍(←調べろよ)と、ゲソックの森ような展開で(っていうか、あっちがマネしてるんだけど)、マップがさらに広くなっています。

ドラゴンクエスト1は、そもそもがファミコンユーザーに本格派RPGが受け入れられるかどうか定かではなかったため、ROMカセットにもそんなに容量は詰め込まれておらず、マップも非常に狭い世界でした。そこで、このドラゴンクエスト2は、1の世界+海を越えた世界という感じで、1のマップのまわりに他の大陸があるという感じになっています。

ネームエントリー〜ストーリー

まずは主人公の名前を決めます。思いつかなかったんで、またしても「ダイ」にしました。

しかし、この時の曲が「♪俺達の誇り千葉マリンズ」のテーマ曲じゃないのでガッカリです。カバーの方に先にJASRACに登録されてしまったんでしょうかね。

はるか昔、ロトの血を引く勇者によって竜王は倒され、世界は平和になりました。


(半ば強制的についてきた)ローラ姫を連れて旅立った勇者は、海を越えた大陸に自分の国を作りました。勇者とローラ姫の間には3人の子供が生まれ、勇者は3人の子供にそれぞれ東都 西都 北都 「ローレシア」「サマルトリア」「ムーンブルク」という3つの国を与えました。

それから100年後、

ムーンブルクの城。(何代目か知らないがとにかく1の勇者の子孫の)王様のお城に、ハーゴンが攻めてきました。


王様は、王女に「これから何が起こっても嘆くでないぞ」と言い残し・・・、


王様は盾となって王女を逃しました。王様はモンスターに囲まれてフルボッコされて死にました。

4でいうところのシンシアポジション(?)ですね。(生き返らないけど・・・)

その後、城は焼かれ火の海に。そんな中、一人の兵士が命からがら城を抜け出して・・・、


兵士は、ローレシアの王様に危機を伝えた後、力尽きて息をひきとりました。

ローレシア城

ここからプレイヤーはローレシアの王子(=勇者)となってプレイする事となります。

サンマルとリア、ムーンブルクにはロトの子孫がいるそうです。っていうか、子孫だけならかなりの人数ではないかと・・・。


ムーンブルク城が襲われた事はわずかな者しか知らないそうで。べつに隠すような事でもないような・・・。


「ああ、ダイ王子、言ってしまわれるのですね。」

LOGiNによると、(FC版で)主人公の名前を「はち」にすると「ああ、はちおうじ、いってしまわれるのですね」と言われるそうです。八王子に行くと何かまずいのかな??しかし、今回のパーティはいとこ同士なので、パーティ婚の心配はなかろう。

というわけで、例によって「経験値稼ぎのファンちゃん」をします。城のまわりをウロウロして経験値を稼ぐわけですね。


今回も、死んでもお金が半分になるだけで、経験値はそのままというぬるいルールなので、序盤などはいくらでも死に放題です。

スポンサーリンク